東京都の復縁工作は復縁屋アイリッシュへの無料相談から

東京都の復縁屋の成功事例

東京都内での復縁工作のノウハウの高さ

復縁工作とは、別れてしまった元恋人や元結婚相手と復縁したいというご希望を形にするものです。

アイリッシュでは東京都の全エリアにおいて復縁工作を常時行っております。
首都・東京では復縁工作のご依頼数も全国で最大級であり、現在も都内で工作中の復縁工作が多数ございます。
このページでご説明をさせていただく「費用の安さ」「成功率の高さ」からアイリッシュには多くのご依頼が寄せられており、そのノウハウの高さが最大の強みとなります。

まずは、アイリッシュの東京都内での復縁工作への取り組みとアイリッシュの強みをご説明させていただきます。

東京の復縁屋アイリッシュ

復縁工作の考え方

復縁工作は一般に、別れさせ工作よりも難易度が高いと言われます。
イメージをしていただくのなら、例として「ガラスを割るのと、割れたガラスを元に戻すのはどちらが難しいか」とお考え下さい。
別れてしまったガラスを直すより、今あるガラスを割ることの方が遥かに単純で成功率が高いです。
お分かりかと思いますが、ガラスを割ることを別れさせ工作と呼ぶのなら、復縁工作とはヒビが入ったり割れてしまったガラスを修復することを指します

どれくらい深くヒビが入っているのかによってその難易度が大きく変わり、中には修復不可能なケースも存在します。
そのため、まずは無料相談にて現在に至るまでの状況をお話しいただく必要がございますが、同時に、復縁をしたい相手に関してどこまで新鮮な情報を持っておられるかも大切になります。
それは主に、自宅住所や勤務先住所です。

しかし東京都内の復縁工作においては、対象者の情報が薄まりやすい傾向にあります。
その点についてご説明させていただきます。

東京での復縁工作は情報を失いやすい

東京での男女の出会いは、学生時代からの幼馴染というよりも、職場で出会った関係という男女が多いです。
そのため実家などを知らないケースが多く、別れてしまった後に相手が引っ越しをしたりすれば一気に情報がなくなる恐れがあります。
地方都市に比べて働き口に困ることは少ないため、勤務先を変えることのハードルも低いです。
自宅住所も勤務先も以前とは変わってしまった・・・となる前に動けるかどうかで成功率が大きく変わってくるという点をしっかりと認識していただけましたら、より早期の解決が望めます。

また、相手との連絡ツールは出来る限り残しておいていただけましたら、それを活用したアプローチで工作を行えるケースもあります。
逆に、住所も勤務先も不明で連絡も取れないとなると、難易度としては最難関クラスとなります。
恐らくそのようなケースでは他社様では300万円~600万円の工作費用を請求されることが多く、非常に難度の高い案件となります。

別れさせ工作以上に費用が高騰しやすい復縁工作において、アイリッシュがどのように費用を抑えているのかをご説明させていただきます。

東京での復縁工作

東京にて復縁工作の費用を安く抑えるコツ

アイリッシュのいくつかの強みの1つとして、ご提示している御見積額の明確さという点がございます。

まずは、復縁工作などの恋愛工作の費用がどうして業界全体でここまで費用が高騰をしているのかの理由の一端をご説明させていただきます。

「リスクをご依頼者様側が負担する」という常識を破る

恋愛工作のご依頼を実際に動いてみると、思っていた以上に難易度が高くて多くの手間を要することや、逆に想定以上にスムーズに終えることができた案件もございます。
先行きの不透明な仕事、実態の見えづらい業界だからこそ、その料金は業者様によってかなりの幅があります。
東京都には非常に多くの復縁業者がございますので、そのご費用を比べやすいと言えます。
そして一部の業者様では、金額が高い理由を「工作業には色々なトラブルに巻き込まれるリスクがあるためそれを価格に転嫁している」との記載もあります。

しかしアイリッシュはそれが適切だとは考えていません
確かに工作が上手くいかずに何かしらのトラブルに巻き込まれてしまうリスクはあります。
しかしそれはその工作業者の事前調査不足であったり工作力が低いことにも原因はあります。
もちろん全ての案件を成功させることは事実上不可能なためそういった失敗のリスクはどれほど優良な業者様であっても抱えることとなりますが、そのリスクと依頼者様への支払額を増額することは別の問題と言えます。
鉄道会社やタクシードライバーが、もし事故に遭った際の車両の修理代・迷惑料を事前に乗客から徴収しているでしょうか。
事故のリスクを0にはできないとは言え、むしろ返金してほしいのは乗客のほうではないでしょうか。

ご依頼者様の立場に立って思考を巡らすと、自然と上記のような、リスクはご依頼者様の支払い額に転嫁しないスタンスとなります。
アイリッシュでは実際にかかっているご費用以上のご請求は致しません。

復縁屋の料金と相場

東京都では、仮契約や半額オプションのご利用が可能です

上記のようにアイリッシュは費用を抑えていると言えど、それでも10万円や20万円で成功できるほど復縁工作・別れさせ工作は安価なものではないという面もございます。

しかしながら、そのご負担を抑える独自の契約体系もご用意しており、是非とも2つの割安プランをご利用ください。

ひとつは「仮契約」という、5万円で結べる簡易的な工作契約です。
対象者の情報を調べたり、接触を一度行って工作のシミュレーションを行うことが可能となります。
情報が少ないために難易度が高いと思われる案件や、工作をご依頼することに不安や成功への疑いが拭えないご依頼者様には、特にお勧めです。
復縁工作とは、その性質上必ず成功するとお約束ができるものではありません。
失敗してしまったときの金銭リスクはかなり大きいですが、それを最安5万円に軽減することができるプランとなります。

そしてもう一つのお勧めオプションが、「半額オプション」という料金プランです。
そちらで進めることで、まずは30~50万円で様子を見ながら工作を進めることができます
仮契約よりもできることは何倍にも広がり、より大きな前進を低額のお支払いで見込むことが可能です。
東京都内での復縁工作の料金相場がおおよそ120万円~180万円と言われている中で、格安な金額で段階的に進めていくことができます。

そんな、ご依頼者様のご負担を軽減するご提案を続けているアイリッシュのスタンスが表れた料金表も、宜しければじっくりとご確認いただけましたらと思います。

また、安いだけではなくその内容にも高い満足度を誇っています。
質の高い工作内容について以下にご説明させていただきます。

東京都内での復縁工作の成功率の高さ

接触のための情報さえある程度揃っていれば、東京都における接触工作は他県と比べてハードルは低いです
仕事終わりや休日に立ち寄る店・スポットはいくらでもあり、様々な趣味に対応する場所が複数あります。
飲み屋・スポーツジム・習い事・飲食店・オフ会(※ネットで知り合った人同士が実際に会うこと)・スポーツ施設・リラクゼーション施設・芸能人のイベント・歌手のライブ会場等々、まだまだ挙げればキリがないほど、多くのジャンルの施設が多く存在する街です。
人が多いということは、工作員もその一員に紛れて対象者に接触をしやすいということです。

丁寧な事前調査をしたうえ、人の多い東京都内で工作をすれば、それが対象者の目に工作員が不自然に映り何かしらのトラブルに発展してしまうリスクは極めて低いものに抑えられます。
そのため、アイリッシュでは東京都内でも抜群のコストパフォーマンスでの復縁工作がご提案可能となります。
高い成功率を誇るために失敗やトラブルが少ないからこそ安価となり、安価のために多くのご依頼がありよりノウハウが蓄積されるという好循環を東京都では生んでおります。

ぜひともまずは無料相談にて今のお悩みをお伝えいただけましたらと思います。

東京都の復縁工作事例

東京都女性:将来が考えられないからとフラれた彼と復縁したい

1か月前に別れてしまった彼と復縁したいとのご要望をお寄せいただいたのは、都内にお住まいの女性でした。
彼の方から別れを切り出され、その一方的な態度にご相談者様は少し腹が立ってしまい、その場の勢いでそのまま別れに至ったとのこと。
彼が言うには、結婚までを考えた時に少し戸惑ってしまったというのが別れを決意した理由のようです。

その場では別れを了承してしまったものの、時間が経つにつれ後悔は膨らんでいったようです。
今でも連絡は取っていますが、ご相談者様の方から復縁を切り出したことはありません。
復縁工作のご依頼というよりも、どのようにすればよいかというカウンセリング的な対応からスタートさせていただきました

復縁工作は状況が千差万別。まずは丁寧なカウンセリングを

ご相談者様の中には、彼と復縁をしたいという強い気持ちがあります。
それを実現するためにどういう方法が最適なのか。
工作をする以外の方法も含めて、じっくりとお話をさせていただきました。

本案件のように、工作のご依頼が前提でなくともご相談をお寄せいただいて構いません
復縁工作は「〇日前に別れた彼と復縁をしたい」という非常にタイムリーなご相談も多いのが特徴です。
決して、大きなお金を払って工作をすることだけが解決法ではなく、彼へのアプローチを変えるだけで大きな変化が見込める状況もございます

たとえば、別れる1か月ほど前から、彼の気持ちの中には確実に小さな変化が芽生え始めているはずです。
数か月~数年の交際期間があるカップルが、昨日今日別れたいと思って即別れを切り出すことは珍しいです。
それなりの期間積もり積もった何かが、あるとき閾値に達して決断をするものです。
彼のご相談者様への向き合い方がいつどのように変わってきたのかを、まずは相談員が一緒に考えます。

具体的には、連絡の頻度、こちらが送った連絡へのリアクションの早さと内容の変化などを、今までのデータと比べて検証します。
もちろんご相談者様自身もお感じになっている点も多々おありかと思いますが、ご自身のみではなく他者の冷静な視点を入れることで、新たな発見があります。

たとえば、口では「将来を考えられないから」との当たり障りのない理由を言っておきながら、実は浮気をしていた等のケースもあります。
その場合とそれ以外とで、別れるまでの様子の変化には違いがあります。
多くの復縁工作・別れさせ工作に向き合ってきたアイリッシュには、その膨大なデータがあり、それと見比べることでその案件の対象者の背景を読み取っていくことが可能です。

今回も、まずはご契約の前の無料相談の範囲にて彼の様子の変化を分析
ご相談者様は「彼は浮気をするような人ではない」と仰っていましたが、もし別の女性がいるのであれば、復縁工作ではなく別れさせ工作としてまずはその男女関係を断ち切っていくことからスタート致します。
東京都では復縁工作同様別れさせ工作も最大の工作需要地となっており、アイリッシュでは適正な価格で成果を上げております。
詳しくはアイリッシュの東京都での別れさせ工作のページもご確認下さい。

そして本案件においては、工作前に細かい情報を分析した結果、我々としてもこの案件は別の女性がいる可能性は低いだろうと思えました。

それならば、もっと細かく”ご相談者様のどこに将来性を感じなかったのか”をはっきりとさせ、それを補いつつ復縁を促すという流れを取ります。
そしてそれは、実際に工作員が動いていって彼から自然に聞き出していく情報となります。

行動調査の開始と、冷却期間の必要性

この段階でご相談者様と復縁工作のご契約を結び、まずは彼に対する接触場所の選定からスタートします。
この場合、対象者に関する普段の行動内容の情報がどれだけフレッシュなものなのかが大切になって参ります。

別れてしまってから時間が経つほど、元恋人の近況を知ることは難しくなるでしょう。
勤務スケジュールが大きく変わったり最近ハマっていることや趣味などに変化が出てしまうと、行動調査に多くの回数を費やさなくてはならなくなり、費用がかさんでしまう傾向にあります。

よく、「復縁するための冷却期間はどれくらい必要ですか?」との疑問をお寄せいただくことがございますが、端的に申しますと、復縁工作による復縁を望むのでしたら、早ければ早い方がいいです。
理由としては上記の通りで、対象者の情報が古くなってしまうと、工作員が対象者に接触するまでの難易度と時間が増してしまいます。
その点につきましては、復縁工作における冷却期間の考え方に記しております。

本案件に起きましては、彼の情報は比較的鮮度が高いものでした。
交際当時と変わらない勤務パターンで動いていたため、彼が暇であろうタイミングを狙って数回行動調査をかけました。
そして、具体的に”ここなら工作員が自然に接触できる”というタイミングを見極め、シミュレーションをします。
そしていざ、接触工作に移行します。

別れさせ工作にはないメリットを駆使し、彼と交友関係を持つ

見極めた接触ポイントにて、男性工作員が彼に声をかけて接点を作ります。
彼の好む話題などの情報がご相談者様からご提供いただける点が、別れさせ工作にはないメリットです。
基本的に別れさせ工作は、対象者の性格面での情報は皆無に等しいケースがほとんどです。
しかし復縁工作は逆にほぼ全ての案件で対象者の好みなどを熟知していますので、対象者と接触をして交友関係になることにさほど難しさはありません

あくまで自然な工作を心掛け、数週間の時間をかけてじっくりと信頼を築き上げます。
時にはまた別の同性工作員を連れて複数人で飲みに行ったり食事をしたりして、友人としての仲を進展させていきます

そしてその場の雰囲気を恋愛トークにもっていき、最近の恋愛事情を自然に探っていきます。
最近まで付き合っていた彼女についての話題を、彼が話しやすいように工作員達も披露しつつ、彼がご相談者様に対してどう思っているのかを聞き出しました。
未練がないと言えばそれは嘘になる、すぐに焦って将来を考えた時にNOを出してしまったが、そんなに焦らずに考えれば彼女とは別れることはなかった、との旨のことを彼は口にしました。
感触としては悪くありません。

対象者とご相談者様の両名の心理を把握し解決策を見極める

こうして我々は対象者の心理に触れることができましたが、同時に、これまでのカウンセリングによりご相談者様の心理も把握しています。
これで両名のこの問題に対するスタンスを理解することができましたが、どうやらお二人ともあまり素直に言葉を伝えることが苦手に見えます。
そのため、お互いにまだ行為はあるもののどちらからも復縁を口にできないという状況と言えました。
つまり、再開のタイミングをこちらで用意し、工作員が間に入って後押しをすれば事態の打開が見込めます。

工作員が彼を連れ出せる日にご相談者様にも用意をしていただき、偶然を装って彼+工作員のグループと鉢合わせをしていただきます。
なお、今回はご相談者様の希望により行いませんでしたが、必要であればご相談者様側にも友人として女性工作員を付け、より自然な鉢合わせ工作をすることも可能です

そうして直接話す場を作り、工作員はその仲介役として機能します。
お互いに嫌悪感などはないため、工作員のサポートによって話は進展。
その後もサポートを続けていくことで着実に関係が修復に向かい、目的が達成できた例です。

※ 上記事例は、個人が特定できないよう部分的に改変しながら掲載しております。

タイトルとURLをコピーしました