愛媛県での別れさせ工作はアイリッシュへ

愛媛県での別れさせ工作の方法

松山市を中心とした別れさせ工作対応

愛媛県での別れさせ工作への取り組みについてご説明させていただきます。
アイリッシュでは、松山市を中心とした工作体制を敷くことで愛媛県での工作ニーズに応えております。
特に四国においては、現地に根付いた工作が求められます。
その土地の風習などの個性が強く、その工作をするために遠方からやってきた工作員ではきめ細かい対応はできません。
松山市今治市新居浜市を筆頭に案件依頼が寄せられるアイリッシュでは、現地の工作員によって安定した工作を実施しており、高い満足度を誇っております。
また、愛媛県内でのご依頼においても、当然ながら「工作中のリアルタイムのご報告」が行えます。
確かな安心感をご用意しておりますので、愛媛県内での恋愛トラブルはアイリッシュまでご相談ください。

四国での別れさせ工作の特徴

広島や兵庫県などからの人員の移動で工作を行っている工作会社は多いでしょう。
しかしそれでは突発的にチャンスがやってきたときに、ここ愛媛県などでの対応が遅れる懸念があります。

別れさせ工作がどのように進んでいくのかに関して、一度もご依頼・ご相談されたことがない方はあまりイメージがわかないかもしれません。
ここでそれを簡易的にご説明させていただきますと、その工程は大きく分けて2つに分かれます。

まず第一に行っていくのが行動調査となります。
なぜ工作を依頼しているのに調査に時間を費やすのか?という疑念が浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。
しかし「どのような工作員であっても、接触場所が分かっていないのであれば動きようがない」というのが大きなポイントです。
道を歩いているところでゲリラ的に接触をしても特にこのご時世では気安く距離を詰めることもできませんし、ただの不審者かナンパだと思われてすぐに毛嫌いされてしまうでしょう。
重要なのは外堀を埋めることです。
ぶっつけ本番で臨んだところで成果は乏しく、結果を得られる確率を上げるために行動調査を行います。
その後に工作に移るわけですが、しかしその調査で重要な接触場所が分かったところで次にそれがいつ来るか分かりません。
なので工作においてはすぐに動ける体制が重要となります。
仮に「明日は勤務後に大きなチャンスが来る」とはっきり予見できたとしても、明日は現地で動くことができません・・・と工作会社に言われてしまっては、また次のチャンスが来るまで待つこととなります。
そんなことを繰り返していては上手くいく工作も失敗に終わってしまうでしょう。

都心ではない地域ほど、すぐに動けるスピードを重視した方がいいのは明白であり、ここ愛媛県はそれに該当する地域となります。

アイリッシュの強みは、別れさせ工作だけでなく出会い工作や復縁工作にも力を入れているという点です。

出会い工作の内容や進め方のご説明ページをご覧いただけましたら分かりやすいかと存じますが、多くの恋愛工作を幅広く手掛けているのがアイリッシュの大きな強みです。
そのため、愛媛県でも素早い調査や的確な工作ができるよう日々体制を強化しており、県内のどの地域であっても満足のいくご対応ができるよう邁進しております。

愛媛県での別れさせ工作事例

松山市30代女性:「恋人と別れてくれない彼に決断をさせたい」

優しい彼はなかなか人をフレない

別れさせ工作において最も多く寄せられる相談とは「自分が浮気相手で、彼は今の恋人と別れると言っているけどいつまで経っても別れてくれない」というものです。
都道府県を問わず全国で寄せられているそのご相談が、別れさせ工作依頼の実に6~7割と言ってもいいでしょう。
今回ご紹介をする案件も、まさにそういったご相談でした。
30代の女性相談者様は、3年前の転職を機にある男性と出会いました。
その男性には彼女がいましたが、なんと男性の方から相談者様へ好意を寄せ、「今は彼女がいるけど、年末には分かれる予定だから付き合ってほしい」と言われたとのこと。
その行為自体は浮気ですが、彼の普段の振る舞いやその言葉には正直さも感じられたといい、相談者様は彼との関係をスタート。
しかし、そこから半年経っても彼と恋人の関係は続いていました。
彼曰く「彼女は精神的に病んでいて、別れることについての話し合いができない」とのこと。
優しい彼のこと、その言葉に嘘はないと相談者様は信じていますが、しかしこのまま時間を無為に過ごすわけにもいかず。
何かできることはないかと考えた結果、別れさせ工作の利用をご検討なさったという経緯です。

工作の実施により、彼と彼女が別れる期間を早めることはできるでしょう。
しかし、工作をしなくても別れそうなのであればその方がお金がかからないため良いかもしれません。
まずはその部分の見極めを、ご相談者様との無料相談の中で行っていきます。
ご相談者様の中でどこまでなら待てるのかといった部分を明確にし、アイリッシュの経験から彼と彼女が自然に別れる可能性も算出させていただきました。
その結果、やはり少しでも早く別れさせたいとのことで、別れさせ工作に着手しました。

彼にないものを工作員は自然に提供

彼女の住所は分かりません。
そのため、彼と彼女が土日に会っているという情報を頼りに、土日に彼の尾行をして彼女にたどり着くという方針で着手スタート。
彼女の顔写真などの容姿情報も全くない状態でしたが、実際に彼の尾行を糸口に彼女の姿を確認すると、確かに二人の雰囲気は明るいものではありませんでした。
ラブラブという様子ではまったくなく、彼が常に気を遣っているような微妙な雰囲気が漂っていました。
ご相談者様との打ち合わせで決めた方針として、彼への接触は省いて最短距離で別れさせ工作を行っていくというビジョンのため、彼に接触をして彼からの直接の言葉を我々は聞いていません。
ただ、その二人の雰囲気から、彼の言葉は本当なのだろうと予想しました。

彼女にたどり着いてからは、尾行対象を彼女に変更。
勤務先や普段の行動内容を明らかにしていきます。
しかし、「通勤、彼と会う、病院への通院」以外での外出はいつまで経っても確認されませんでした。
そこで、工作員も同じ病院に通院し、その中で彼女と接点を持つことを試みました。
通院日の傾向や病院の規模は比較的接触に適しており、1回の接触で全てを達しようとするのではなく少しずつ面識を持っていき会話の数を増やしていき、焦らずじっくりと警戒心をほどいていきました。

彼と彼女がすれ違うようになったのは、どちらかというと陰鬱な性格の彼女に対して、明るくエネルギッシュな彼の性格が少し負担になっているのではないか、というのは傍から見て明白でした。
彼女の悩みや個性に寄り添うように工作員は接し、時間をかけて打ち解けていきました。

決断の後押し工作はゴールは近い

「別れると言っている彼の背中を押す工作」というのは、実はゴールはさほど遠くにはありません。
彼女に新しい交友や思い人ができたのであれば、たいていの場合彼の決断は早いです。
決して人を陥れたり意図的に傷つけたりということができない彼だからこそ、自分がいなくなってしまってはひどく落ち込むことが目に見えている彼女に、強く別れを告げられなかったのでしょう。
しかし彼女に別の支えができたのであれば、彼は必要以上に義理を感じることなく新しい恋に向かおうとの考えに至ります。
そして、恋愛経験の乏しい対象者の場合は特にそうですが、素敵な異性に出会い、その人との関係が良好であるうちは、かなり分かりやすく普段の反応に現れます。
工作員が接触をする回数を増やしたり、意図的に彼とも接触をすることで、彼に対して「彼女の新しい恋」の存在を知らせることは難しくありません。
彼の決断の最後のひと押しをするため、じっくりと関係を構築して目的を達した例です。

タイトルとURLをコピーしました