別れさせ工作の成功率を診断。別れさせ屋が見ている成功と失敗の境

別れさせ工作の成功率

無料相談と無料診断のご利用方法

別れさせ工作のご依頼には失敗のリスクもございます。
失敗リスクを0にするような画期的な工作方法は、業界のどこを見渡しても、少なくとも2021年現在では確立されておりません。

アイリッシュの無料相談では、そのご依頼内容の難易度や成功の見込みを的確にお伝えしております。
特に、失敗の危険が高いと思われる内容においては、ご相談者様のリスクを減らすためにその旨を正直にお話ししております。

しかしご相談窓口を利用することにも少しためらっていらっしゃる方のため、ご相談をせずともご自身で確認出来るチェックリストを作成し、公開しております。


まずは別れさせ工作の概要や成功率を左右する2つのポイントをご理解していただく必要がありますので、そちらに目を通していただいたうえで、ページ中部からのチェック項目をご確認いただき、お気軽にご活用していただけましたらと思います。

別れさせ工作の成功率を左右する点とは

別れさせ工作の成功率を左右するのは大きく分けて2点です。

  1. 対象者への接触のしやすさ
  2. 対象者の貞操観念

※別れさせ工作における「対象者」とは誰を指すのか

別れさせ工作における「対象者」とは、多くの場合、「別れさせたいカップルの内の、ご依頼者様と同性の方」になります。

つまり、たとえばご依頼者様が女性で、元彼氏と今の恋人を別れさせたいとなった場合は、今の恋人が工作の対象者となります。
この状態で元彼氏に対して工作を仕掛けることも可能であり、別れさせ工作の表面的な効果としては同等のものが期待できますが、別れさせた後にご依頼者様と元彼氏が復縁をする際に工作員の存在が邪魔になってしまうリスクがあるため、多くの場合は今の恋人(女性)に対して仕掛けます。

別れさせることには成功したけれど自分と相手の関係も希薄になってしまった、という結末になってしまっては、そもそもご依頼しない方がよかったということにもなりかねません。
別れさせ工作とは高額のご費用を要するものですので、そういった点からも、長期的な視点を持って工作方針を決めていくことを強くお勧めいたしますと同時に、実際アイリッシュでは、そのように最もメリットの多い方針のご提案を基本としております。

1.「接触のしやすさ」とは

対象者への接触のしやすさとは、具体的には今の時点での情報量を指します。
我々が着手を開始する時点で、対象者の自宅住所や勤務先住所が分かっているのかどうかという点になります。
もう少し掘り下げると、勤務先しか分かっていない場合にはその勤務先の規模(出入りする人間の多さや、利用するであろう出入り口の数)が大切になりますし、自宅が分かっていたとしても部屋番号まで絞り込めているのか、顔写真はあるのかも重要です。

日頃お寄せいただくご相談の中で、しばしば見られる状況として、対象者の部屋が絞り込めておらず、そしてそれと同時に顔写真がなくそもそも相手の顔を見たこともないケースというものがございます。
その状況においては、住所が分かってはいるもののすぐには本人の特定ができないため、実質的には住所が特定されていないのとほぼ同じ状況になります。

2.「対象者の貞操観念」とは

貞操観念とは、現代においては、簡単に浮気をするかどうかという性格を指す言葉です。
(元々は、女性は結婚するまでは一切肉体関係を持たないべきだという古来からの風習やその意志の強さを指す言葉でしたが、時代の流れとともにその意味合いや使われ方も変わってきております)

別れさせ工作においては、そういった現代的な意味合いであるところの貞操観念が非常に重要になります。

別れさせ工作とは、対象者に浮気をさせるための「恋愛工作」という手法を取るため、絶対に浮気をしないという強い意志を持った方が対象であればその成功率も悪いです。
そのため、対象者の貞操観念は低ければ低い方が工作はしやすいのですが、対象者のパートナーにおいてはむしろ貞操観念が堅いほうが工作の効果は出やすいです。

貞操観念が低いということは、つまり簡単に浮気をしてしまうということですが、そういった方は他者に対しても浮気に寛容である可能性があります。
「別に浮気をされても気にしない」という方をパートナーに持つ対象者へは、恋愛工作の核となるアプローチが空振りに終わってしまう可能性も生じてしまいます。
※ただしこの場合でも、対象者とより長期的な恋愛関係を築くことで物理的に今のパートナーと会う時間をなくしていったうえ、その間にそのパートナーにも別の工作員が恋愛工作を仕掛けることでつながり自体を消滅させていく等、別れさせ工作の効果を生み出す方法はございます。

では上記の点を踏まえて、今お抱えのご相談の難易度をご確認して参りましょう。

別れさせ工作の難易度と成功率

別れさせ工作の難易度診断

①別れさせたいカップルのうち、どちらかでも自宅か勤務先は分かりますか?

別れさせたい男女のどちらにおいても自宅や勤務先が分からない場合は、まずはそれを判明させるための調査から手を付けていくため、通常契約よりも時間や費用が掛かる傾向にあります。

時間や費用がかかるということが何を意味しているのかと言いますと、それは”その契約内では中途半端な形で終わりかねない”という事態になってしまう可能性が上がっているということです。

まず、別れさせ工作の失敗とは何なのかと考えて参りますと、多くの別れさせ屋が実働回数保証の契約で対応している現状においては、「回数を消化しきってしまったがまだ別れさせられていない」というのが、別れさせ工作における失敗の定義となります。
つまり、基礎部分の調査パートに時間がかかるということは、それが即ち別れさせるための難易度を上げているわけではございませんが、結果として回数を圧迫し、「契約上の失敗」につながるということとなります。
(ちなみに、”実働回数の保証のない契約であればその心配がないのではないか・・・”という考えになってしまいがちですが、実働回数保証のない契約は曖昧な部分が残りやすく、工作会社とご依頼者様の間でのトラブルのほとんどはその契約内容の曖昧さに起因すると言われているため、アイリッシュはじめ大手別れさせ屋ではそのほとんどが、回数が明確に保証されている回数保証型の契約を取り扱っております。「実働回数の保証について」

その男女のどちらも全く情報がないという場合は珍しいですが、今つかんでいるのは昔の情報で実はもう変わってしまっていたというケースは少なからず存在します。
(こういったケースでは、弊社独自の仮契約という進め方がお勧めになります)

逆に言うと、男女の内どちらかでも情報があればスムーズに工作を行っていくことはできます。
対象者の定義は上記でご確認していただいたかと思いますが、対象者の自宅や勤務先が不明でも、そのパートナーを尾行することで対象者の情報もつかめます。
ちなみにその場合に大切になるのが下記の情報です。

②別れさせたいカップルがどれくらいの頻度で会っているか分かりますか?

特に、その片方の尾行によって対象者の情報を得たいと思ったとき、そのカップルがどれくらいの頻度でいつ会っているのかが重要になります。

1か月に1回しか会わないのであれば、その虎の子のチャンスを活かせなければまた1か月待つことになります。
つまりこの部分は、難易度や成功率というよりも、成功までの期間に大きく影響をしてくる部分とも言えます。
とは言いつつも、その1か月に1回のチャンスを中々活かせずに時間ばかりが経ってしまうと、相手に関して把握していた情報が古くなってしまったり会うタイミングがズレてきたりなどの問題が発生する確率は上がり、すなわり成功率にも影響を及ぼします。

ここで重要になるのが、そのチャンスを逃さない調査力と契約内容の柔軟性です。
調査力が大事というのはイメージしやすい点かと思われますが、次のチャンスが来るまでじっくり待つことができるという契約内容になっているかどうかも、当然取り揃えておくべき点です。
十分な契約期間が用意されていれば問題ないですが、たとえば一部の業者様が導入しているような契約期間の短い内容ですと、そのチャンスを待っている間に契約自体が終了してしまうという危険がありますので、対象カップルの会う頻度が少ない案件であれば、通常以上に契約期間は重視することをお勧めします。

また、会う曜日や移動手段などが不明の状態であれば尾行の難易度は上がり、結果的に失敗の遠因となります。
別れさせたいカップルは、我々が着手を開始する時点ではできれば高頻度で会っている方がありがたいという事情もあります。
行動がつかみやすく、あえてそのタイミングを外して接触ができたり、パートナーと会っているタイミングを見計らって浮気の事実を露呈することもできるためです。

つまり見方を変えれば、「別れさせたいカップルは頻繁に会っていて仲が良さそうだから難易度が高いのではないか」という不安は、むしろ逆なのです。

③別れさせたいカップルのどちらか、もしくは両方が浮気性ですか?

上記でも既に解説しましたが、対象者カップルの貞操観念は非常に重要な部分です。

ただし厳密に言いますと、このチェック項目に関しては成功率というよりも工作の方針や内容に大きく影響する部分と言えます。
浮気性かどうかによっては、工作対象を根本的に変えることにも繋がります。

これは実際に東京都で請け負った別れさせ工作の事例ですが、ご依頼者様が女性の場合は、定石ではカップルの女性側に工作を仕掛けます。
しかし調査の結果、その方は何人もの男性と交際をしていることが判明しました。
そうなると、その女性と男性工作員が接点を持って恋愛関係になることは容易でしょう。
しかしそれでは、工作員がその方に接触したとしても「複数いる浮気相手の内の一人」というポジションに落ち着いてしまうことが目に見えており、そこからさらに事態を進展させることが難しいと言えます。
そのため、異例ではありますが男性側に工作を仕掛け、そのパートナーではなく工作員に興味を向けさせることで彼女との縁を切らせました。

このように、その性格次第で工作対象者や使う工作員さえも大きく変わります

理想を言えば、こちらが調査をせずとも依頼前の時点でその情報があれば、より無駄なくスマートに工作を進めることができ、それは期間や料金を縮小することにも繋がります。
上記の事例において、一度その女性対象者に工作を仕掛けたあとで男性対象者に切り替えると、その分の工作費用や時間が無駄となってしまいます。
事前に正確な見極めができるかどうかで、数十万円以上の費用差は簡単に生まれてしまいます。

④対象者の恋愛経験は豊富ですか?

意外と見落としがちな難易度判定ポイントが、この「対象者の恋愛経験の豊富さ」です。
端的に言うと、恋愛工作を行う上では対象者はあまり多くの恋愛を経験していないほうが効果が出るのが早いです。

我々の行う恋愛工作とは、今既に存在するパートナーになり替わって工作員が恋愛対象になるというもの。
上記の③でもご説明をしましたが、恋愛に慣れていて複数の相手と同時に交際ができるという方には相性の悪いものですが、恋愛経験の乏しい方というのは新しい相手に対してのめりこんで工作の効果が出るのが早いです。
そのため、ほんのわずかの工作でも対象者の方から工作員に強い興味を示してくれる傾向にあり、我々にとっては都合の良い性格と言えます。
その人の実年齢と恋愛経験は必ずしも比例しません。
若い方は恋愛経験が乏しいため素敵な方に出会ったら大きく心を動かされ、そしてフラれてしまうと大きく落ち込みますが、そういった経験をしてこないまま30歳、40歳になった方も同じような反応を示すことがあります。
EQという言葉をご存知でしょうか。
IQと並べて使われることが多く、ご存知のようにIQ(Intelligence Quotient )はその方の知能指数を表す言葉であるのに対し、EQ(Educational Quotient)は感情指数・心の知能指数)と言われます。
歳を重ねていたりIQが高かったとして必ずしもEQが高いわけではありません。
短期的に恋愛工作の効果を得たいのであれば、対象者のEQは低い方が有利と言えます。

逆に今まで異性からモテてきた方は相手との駆け引きに長けているうえ、出会ったばかりの人に急に夢中になることも少ない傾向があるため、こちらもより腰を据えて長期的な視点を持ってプランを練っていく必要があります。
貞操観念が高ければ③のケースになることはありませんが、こちらが丹念且つ慎重にアタックを重ねて恋愛感情だけではなく信頼を勝ち取らないとそのポジションを掴めないという場合は、かかる時間が増える=接触回数が増える=金額が増すという図式が成り立ちます。

⑤対象者には、職場と家の往復以外の行動パターンがありますか?

上記の①や②で触れたような、対象者に関する情報が豊富に揃っているに越したことはありません。
ただ、仮にほぼ全ての行動が丸裸にできたとしても、接触のチャンスがなければ工作の難易度が大きく上がってしまいます。

家と職場を行き来する以外の行動パターンがどの程度存在しているかどうかが、具体的なチェックポイントです。
また、職場までの移動が車なのか電車なのか、その電車の込み具合や歩く距離などによっても、また違った角度からの工作が選択肢に入ってくるケースもございます。

なので厳密にいえば、四六時中家に引きこもっていない限りは「接触場所のない対象者」というのは存在しないとも言えますが、それを我々がしっかりと調査を行うことで判明させるのか、それとも事前にある程度分かっているのかで工作に移行するまでの期間等が変わって参ります。

そして判明した接触場所の中にも、優劣はございます。
工作員による接触工作とは、なにも特別な魔法のようなことをするのではなく、日常の中に偶発的に訪れる出会いを、事前調査によって意図的且つ自然に起こしていくものです。
発展しやすい場所、時間がかかる場所、それぞれございます。
仮に直近の調査ではその接触場所が満足に見つからなかった場合でも、多少期間を空けることで状況が変わってくるケースというのは多々ございます。
そこで重要になってくるのが「契約期間の長さ」です

実働回数制において契約期間の長さは重要なのでしょうか?という疑問を、度々ご相談者様からお寄せいただくことがございます。
契約期間が長ければ、このようにチャンスが来るタイミングまで回数を温存しておくというリスクヘッジが可能となり、ここはまさしく、契約内での成功・失敗を分ける重要な点となります。
仮に、本格的な別れさせ工作を、契約期間が1か月程度という超短期で行っていくとしたら、チャンスが来るタイミングを見極めるという余地はございません。
成功にこだわるからこそ、多角的なリスク対策は重要となり、契約期間の長さはその最たるものと言えます。

⑥対象者カップルとご依頼者様の間に、共通の友人はいますか?

対象者やそのパートナーと、ご依頼者様の間に共通の友人がいて、こちらから頼めば相手の情報を少しでも手に入れられるような関係性なのであれば、我々にとってこの上ない絶好の状況です。

その方がいることで我々が得られる恩恵はいくつかありますが、たとえば、その方を経由して工作の効果を如実に確かめながら進めていくことができるというのが大きなメリットです。

対象者に浮気をさせても、初めの内はパートナーはその事実に気付きません。
しかしそれが最も効果的に響くタイミングを見計らって、我々はその事実をパートナーに露呈させます。
そうなった結果、パートナーの方がどう感じ、現在その関係性がどうなっているのかを、工作員経由だけでなくその共通の友人の方経由で情報を入手できれば、その効果をしっかり確かめることができます。
そしてその状況に応じて、次我々はどういった行動を取ればダメ押しができるのかをより的確に見極めることができます。

また、対象者が浮気をしたという事実を、ご依頼者様がその共通の知人にご相談をすることで、その方が対象者やそのパートナーに話を持ち掛けてくれれば、尚のこと工作の効果は高まります。
ですのでもし共通の知人がいらっしゃれば、そういった幅の広い工作をさらに別の工作員を用意せずとも今構築されている人間関係を利用することで手軽に行うことができます。

⑦対象者カップルは婚約直前ではありませんか?

基本的には、別れさせ工作を仕掛けるカップルの交際期間の長さによって成功率が大きく変わることはありません。
付き合いたてのカップルであれば早いタイミングで一度浮気をさせることで相手の信頼ができあがる前に冷めさせることができます。
そして逆に交際期間が長い場合は、こちらも工作員が対象者と数か月の交際期間を作ることで効果が見込めます。短期的な浮気では一度くらい目を瞑ってしまうかもしれませんが、数か月以上の浮気なのであれば裏切られたことのショックも大きくなります。

しかしただ一つ、婚約を目前に控えたカップルに対しては成功率が下がります
マリッジブルーとは言いますが、その感情は「浮気をしたい」という欲求とはまた別のものです。
今まで交際をしてきた相手と次のステージに進むことが実感を持って迫ってきているため、工作員に対して軽い気持ちで手を出してくることが極端に減っています。
そのためこの状況では、結婚後2か月ほど経過してからの工作をお勧めします。
結婚生活がいざ始まると、いずれその不自由さも体感します。
その愚痴を聞けるような同性工作員も起用しつつ、タイミングを見計らって女性工作員が接触を仕掛けるなどの複数人の工作員を使った多角的な着手をすれば、通常通りの効果を期待できる状況に戻せるでしょう。

《特別編》⑧別れさせたいと思ってからどれだけの時間が経ってしまっていますか?

前項で触れた通り、別れさせ工作の成功率においては対象カップルの交際期間の長さはさほど大きく影響しません。
アプローチ方法や工作内容を変えることで対象カップルの交際期間が長くても短くてもご対応ができます。
しかしそれはあくまで「別れさせ工作の成功率」という意味です。

別れさせ工作のご依頼者様の中には、「別れさせるだけで満足」という方は滅多にいないかと存じます。
ほぼ全ての方が、そのカップルを別れさせた後に自分と付き合ってほしいという恋愛感情があるからこそ依頼を検討されている状態かと思います。

つまり別れさせた後に「復縁」もしくは「交際開始」という次なる目的があると言えますが、特に「復縁」の場合は、復縁したい人と別れてしまってからどれだけ早く動き出せたかによって結果が変わって参ります。

アイリッシュは総合恋愛工作業者ですので復縁工作も行っておりますが、復縁工作には別れさせ工作と全く違う点が一つあり、それは「期間が大切」ということです。
アイリッシュの復縁のノウハウを一部解説した《復縁したい場合の「冷却期間」の考え方》というページで詳しく触れておりますが、復縁をしたい場合はどれだけ間を空けずにその状況を作れるかが非常に大切です。

結局のところ、「別れさせ工作」とはご依頼者様にとってはゴールではなくプロセスに過ぎませんので、別れさせ工作や復縁工作は出来る限り早めに動き始めることが結果を得る秘訣と言えます。

難易度の高い・不明な案件には、仮契約をお勧めします

アイリッシュの独自のプランとして、「仮契約」という工作の進め方をご用意しております。

別れさせ屋のお試し契約

本来であれば百万円近い金額を一括で払わなければ依頼ができない別れさせ工作において、まずは5万円で対象者への接触や調査をすることができ、最も気になる点であろう「この依頼の難易度」を少ない投資で見極めることができます。

多くの方の心理として、上手くいく見込みが高いのであれば実施したいが、そうでないのならば一旦検討する、という考えをお持ちかと思います。
それは非常に合理的であり、多くの方が抱くべき一般的な感覚ですが、これまでの別れさせ屋業界には、そのお考えに寄り添ったプランがありませんでした。

アイリッシュの仮契約をご利用いただくことで、少ない費用でその難易度やリスクを見極めることから始めていかれるのが宜しいかと思います。

仮契約に関してはアイリッシュの工作料金表などにも記載しております。
ご確認いただいたうえ、宜しければ下記から無料相談をご利用いただけましたら、年中無休でご対応させていただていております。

Q. 難易度が高い案件は諦めるしかないのでしょうか?

上記のチェック項目をご確認いただいた結果、ご自身の事例は成功の見込みが薄いのではないかとお感じになられた方もいらっしゃるかもしれません。

ではそのような状態にある案件は諦めるしかないのでしょうか?

お勧めとしては、難易度を下げる状況を作るための努力をしてから最終判断をしてみる、という方針をご提案いたします。

そもそも高額な別れさせ工作をご検討されているということは、そんな簡単に諦めがつくような状況でもないかとお察しいたします。
男女関係がもつれた結果、前にも後ろにも進めなくなってしまった末に別れさせ屋へ相談をしてみたという方も多いでしょう。

「無理だから諦める」という簡単な選択ができないからこそ、アイリッシュでは難易度の高い案件でもなんとかお役に立てることはないかと考え、そのためのシステムを構築しております。

具体的には、上記の仮契約などの超少額契約において、まずは状況を整えるためのちょっとした工作から手を付けていくというものです。

たとえば、工作対象者の家も勤務先も分からない案件は今の時点ではとても難易度が高いと言えますが、ならばそれを判明させることから始めていくというのは、仮契約のオーソドックスな使い方です。

また、対象者に家と勤務先の往復以外の行動パターンがないのであれば、それを作り出すという工作から着手していくのも、仮契約や「半額オプション」という少額契約の有効な使い方です。

難易度が高い案件を一度に全て解決しようと思うと、それはとても道のりが長く感じてしまうでしょう。
しかし少しずつ時間をかけて外堀を埋めるというイメージを持って臨めば、それは決して不可能なことではありません。

別れさせ・復縁工作と「時間」の関係

ついご自身の恋愛問題となると、誰しもその問題を客観的に冷静に捉えることができなくなってしまう傾向にあります。

たとえば半年前に工作をしていたとしたらさほど難しい案件ではなかったが、今の状況ではかなり難易度が上がっている案件があったとしましょう。
それは言わば、時間の流れが私たちに不利に働いて今は損を被っている状態です。
しかし会社であっても友だちであっても恋人であっても、時間の流れと共に人間関係というのは少しずつ変化していくものですので、今はマイナスに働いているその時間の力も今後必ずプラスに働くタイミングも来るでしょう。
具体的にはその男女が喧嘩や目移り・浮気など別の問題で関係が悪化した場合です。

工作を請け負ってもすぐに接触ができるわけではなく事前調査などが必要ですので、必然的に数週間以上の時間はかかります。
その数週間の間に事態が変わってきた場合は、それに即して方針を微調整し、その変化を味方につけた進展を計画します。

常にご依頼者様と密に連絡を取り、二人三脚で工作を進めていくという、業界内でも唯一無二の運営をしているアイリッシュではそういった工作計画が可能です。

特にこのページでも既に触れましたが、復縁工作などは、よりその時期の見極めにシビアになることが求められ、しかし一方である程度共通する時期的な目安もあります。
先ほどの「冷却期間の考え方」もそうですが、復縁工作の方法や事例なども併せてご一読いただけましたら幸いでございます。

出会う、付き合うための工作の難易度

復縁工作のお話が出ましたので、併せてもう一つの工作である出会い工作についても、その難易度診断についてお話させていただきます。

出会い工作は、別れさせや復縁のあとに誕生したサービスですので、その認知度自体がまだ低い現状にあります。
そのため、そんな工作が上手くいくのかという懸念を持たれている方も多いと、実際に相談対応をしていても感じます。

出会い工作は、一つのイメージとしては、別れさせ工作で工作員がやっていたことをご依頼者様に置き換えて行うものです。
対象者と工作員が親密になることで展開される別れさせ工作ですが、それをさらに支える工作員を用意し、そして実際に親密になるのはご依頼者様自身、というものです。

もちろん、対象者と誰かを別れさせる必要はないため、接触後に高度な立ち振る舞いをしていただかなくてはいけないということはありませんので、別れさせ工作と何もかも同じではありませんが、別れさせ工作の途中までを切り取ったものが出会い工作と呼ぶこともできるかと考えております。

ですので、その難易度というのは、基本的に相手への接触のしやすさなどに集約されます。
出会い工作においては対象者にはパートナーがいないわけですので、このページでここまでいくつかの項目に分けてお話した各々の難易度は、勘案しなくてよいものも多いです。

どこまで接触場所が見つかるか。
出会い工作においては、極論そこに注目し、それを整えるために動いていけば見通しは立ちやすいものとなります。
その他、出会い工作に関して詳細をお求めであれば、出会わせ屋による出会い工作の方法や事例などを担当がまとめたページが適していますので、宜しければご一読くださいませ。

別れさせ工作の成功率
タイトルとURLをコピーしました