復縁屋による復縁工作の内容と成功率を事例ごとに解説

復縁屋の復縁工作の方法

復縁工作とは

復縁工作とは、一度別れてしまった恋人・配偶者と再び復縁するための工作です。

別れさせ工作とは違いご自身のお力で復縁ができるケースもございますが、復縁工作を利用する一番のメリットは、その確実性とスピードを上げることができるという点です。

復縁屋アイリッシュでは全国で復縁工作を請け負っております。

復縁屋アイリッシュが高い成果を出すためにこだわっていること。
それをまずはご説明させていただきます。

復縁工作に特化した、専門性のある工作員の起用

point

アイリッシュでは、別れさせ工作の工作員と復縁工作の工作員を適正によって完全に分け、専門的なスキルを高めて工作に臨める体制を採用。
別れさせ工作と復縁工作は進め方から必須能力まで何もかも違うので、掛け持ちは成功率を下げる一因です。
元々持っている適正×専門的な経験]によって、業界トップクラスの高い実行力を持った工作員を養成します。

復縁工作には別れさせ工作とは大きく違う点がいくつかあります。
そのうちのひとつが「性別の組み合わせ」であり、

・復縁工作⇒同性の対象者に対して接触し、友人関係になる
・別れさせ工作⇒異性の対象者に対して接触し、恋愛関係になる

というものです。

皆様の周りにいる方やご自身を思い返してお考えいただきたいのですが、各個人の特性として、同性と仲良くなるのが得意な方もいれば、同性からは嫌われがちだが異性と仲良くなるのが上手い方もいます。

工作員と言えど元々は一般の方ですので、そのどちらかの特徴を持っています。
そういった、元々持っている特徴に合わせて配置をし、その分野での専門的な研修と経験を積むことで、「復縁工作に特化した専門的な人員」の養成をしています。

別れさせ工作と復縁工作の工作員を使いまわすことは、人件費は安くなりますが工作の質を落とすことになります
成功率のこだわるのであれば、ぜひとも今のアイリッシュの体制にご理解いただけるものかと自負しております。

では、そういった専門的な人員による復縁工作とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
実例を交えてご説明させていただきます。

復縁工作の内容とリスク

復縁工作の方法と内容

上記でも触れましたとおり、復縁工作を行う上でまず取り掛かることは「対象者と同性の工作員が接触をしていく」ということです。
ある程度時間をかけて対象者の方と交流を重ね、信頼のできる知人としての関係性を構築していく中で、恋愛面での本音の価値観を徐々に探り出していきます。

そして、ご相談者様と別れてしまった本当の原因や真意について探り、まずは「相談者様との関係に足りなかったものや不満だったこと」を、第三者の目線で正確に把握します。
人は決して、口にすることだけが本心ではなく、ご相談者様が思っていたのとはまた別の部分に問題が隠れていることも往々にしてあります。
そのうえで、ご相談者様に対する気持ちの確認をし、復縁を果たすために必要な改善点を掴んでいきます。
その後は、ご相談者様と工作員・担当者によるお話を重ね、今後の対象者への接し方や見せるべき態度などをレクチャーさせていただきます。
そういった事前準備が整いましたら、対象者に対し工作員は復縁への誘導を始め、ご相談者様と一緒に話ができる場のセッティングに向け動き出します。

ご希望によっては三人(工作員、ご相談者様、対象者)での食事会などで工作員は直接間に入ってサポートをしつつ、事前に指導させていただいた対象者への振る舞い方などを相談者様に実践していただき、関係修復を実現するサポートをして参ります。

復縁をするためにまず必要なこと

復縁をするためにまず一番初めに行うべきこと―――。
復縁工作をするにせよ皆さまが自力で復縁を目指すにせよ、まず必要なことは主観を排した正確な状況把握です。
上記でもお書きいたしましたように、別れてしまった原因としてお相手がどこを問題視しているのかを正確に見極めなくては、果たしてお客様はどこを改善すればいいかが一向につかめず、どのような対処もできません。

ただしお客様によっては「原因ははっきり分かっている」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、なにか決定的な出来事があってそれが大きな引き金になったのであれば、最後の決定打になってしまった部分は分かりやすいでしょう。
たとえばご自身の浮気がバレた、などがそれに該当します。
しかし世の中のカップルには、たった一度の浮気くらいであれば相手を許し、しっかり反省しているのであればその後も交際関係を続けるカップルもいます。
そのように許してもらえるケースと、そのご相談のように許してもらえなかったケースの違いはどこにあるのでしょうか?

多くの方は「相手の性格」ですとか、「相手の気持ち次第だからそんなこと分からない」とお思いではないでしょうか。

その通りです。
相手の性格や考え方によるものなので、「相手がこちらを許してくれなかった原因」を当事者が一方的に推察することは不可能です。
さらに言いますと、浮気をされたというのは最後のきっかけに過ぎず、ただの一つのピースとも言えます。
日頃、口には出さないまでも少しずつ蓄積されていった鬱憤があって、だからこそ浮気をされたタイミングで全てを清算しようと考えたのかもしれません。
逆に普段のこちらの接し方に対して何の不満もなく最愛の恋人と思ってくれているのであれば、一度程度の浮気は許す方がもっと増えてもおかしくありません。

別れてしまった原因を考えるときに、印象的で分かりやすい部分だけを抽出して結論付けてしまえば楽です。
しかしそれでそれ以上振り返ることをやめてしまい、普段のコミュニケーションの中でのこちらが相手に抱かせてしまっていた日常的な不満や雑な接し方をしていた点はないか、といったことから目を逸らしてはいないでしょうか。
多くの事例に向き合ってきた我々が思うに、むしろ大切なのはそちらです。
日頃の積み重ねに勝るものはなく、1回の過ちであれば強く注意すれば改善することが期待できますが、普段のふとしたときに出てしまう振る舞いや性格は簡単には直りません。
今まで積み重ねてきた時間の中で、相手がご自身に対してどういった印象を持っていて、魅力に思っているところと不満に思っているところを正直に聞いてみるのは、はっきり申し上げてそれ以上ないほどに大切なことです。

「別れた原因がはっきり分かっている」と言い切れる方ほど、相手の正直な印象を探っていくことが大切です。
つまり復縁をするために必要なこととは、やはり相手の本心を察してこの状況に至った根本部分を探ることです。

そしてそれは当事者同士ではできないケースがほとんどですので、ご相談者様にとって都合よく動いてくれる胸痛の友人がいない限りは工作員を間に入れることをお勧めいたします。

復縁工作の特徴とリスク~別れさせ工作との違い~

復縁工作と別れさせ工作は、似て非なるものです。

もちろん、別れさせることと復縁することはいわば「壊すことと直すこと」なので、全く違うものであるということはすぐにお分かりかと思います。

しかしそういった表面的な違いではなく、「別れさせ工作と同じ気持ちでやっていてはご依頼者様に大きなリスクがある」という部分を、アイリッシュは工作業者という立場でありながら正直にお話し致します。

まず、別れさせ工作は初めから状況が見通せていることが多いです。
その男女は今付き合っているため、別れさせ屋のやるべきことはつまりその男女を別れさせることです。とてもシンプルです。
しかし復縁工作においては、「その対象の人と復縁をしたい」というご要望を寄せられているだけであり、今その人に恋人がいるのかどうか等に確たる情報がないケースもあります。
恋愛工作をするうえで、その人に今恋人がいるのかどうかというのはかなり重要な部分ですが、それがはっきりしている別れさせ工作とはっきりしていない復縁工作、という大別ができます。

もちろん、相手はご相談者様と別れたばかりなのであれば、普通に考えれば今はフリーなのかもしれませんが、既に恋人がいる可能性は0だと言い切れるでしょうか。

上記で触れましたように、「別れてしまった原因がどこにあるかを見極めるのが大切」と言えるのが復縁工作です。
しかし実はだいぶ前から相手に恋人(正確には浮気相手)がいたのであれば、実はその人の存在が大きくなったことが、ご相談者様とお相手の別れの原因になっている可能性もあります。
このように、別れた原因というのは当事者には見えていないことの方が実は多いと言えます。

そして、相手に恋人がいるとなった場合、皆さまはどのように考えるでしょうか。
諦めるか、別れさせるかです。

アイリッシュではそのどちらでもご対応が可能です。
復縁工作としてお受けした依頼において、別れさせ工作を行う必要が生まれた場合。
基本的にはそれを追加費用無しで別れさせ工作へと切り替えることができます。

また、そのように相手に既に恋人がいて、ご相談者様と付き合っていた時から浮気のようになっていたと分かったのであれば、そういう裏切り行為に一気に熱が冷めてもう復縁をしたいと思わなくなる方もいらっしゃいます。
そのような状況になった際の皆様のリスクを減らすのが、弊社がお勧めしている「半額オプション」や「仮契約」などの、いわゆる少額契約です。
他社様が推し進める「分割契約」「分割払い」は、その案件がどのような状況になっても総額の支払い義務は残るケースが多いでしょう。
しかしアイリッシュの少額契約は違約金なしで途中でやめることができ、総額の支払い義務がありませんので、相手の裏切り発覚などで熱が冷めた際のキャンセルにもノーリスクで対応ができるご用意があります。

復縁工作を請け負う上では、現場で働く工作員のレベルの高さはもちろんですが、ご提案するプランやその復縁屋全体の運営システムにも工夫をこらし、ご依頼者様に損のない形を追求する必要があります。
はっきり申し上げて、別れさせ工作と復縁工作は全く違うものです。
一部の業者様のホームページや口コミサイトなどでは、「別れさせ工作ができれば復縁工作もできる」という記載をちらほら目にしますが、そういったものではないと断言します。
決して別れさせ工作の片手間でできるようなサービスではなく、どういった進展になるかのパターンが多岐に渡るからこそ、どのような状況になってもご依頼者様にリスクを与えない形づくりが必要です。
そしてアイリッシュでは、復縁工作においても高い満足度をご提供できると自負しております。

復縁工作が失敗する原因や事例

《復縁工作の失敗の元》復縁屋依頼の注意点

上記の項目では、復縁工作の流れや方法と、そしてそのリスクについて解説させていただきました。
簡単に要約すると、

  • まずは現在の状況を正確に把握する
  • 知らなかった事実発覚などに備えたリスク管理が必要

ということです。

さて、そういった復縁工作において失敗の元とも言えるような、ご依頼者様が気を付けるべき点について事前にご説明させていただきます。

それはつまり、復縁するためにはご自身の努力や変化も必要だということです。

稀にこの部分を勘違いされている方がいらっしゃいます。
復縁屋への依頼は高額なものになるケースが多いことがその一因になっていると思われますが、要するに、高いお金を払ったのだからあとは復縁屋に任せておけばいい、という考え方は間違っているのだということをここではお伝えさせていただきます。

別れさせ工作と復縁工作の違いというお話も、一つ上の項目ではお書きしました。
しかしそこで書いた、「別れさせ工作は初めから状況が見通せていて、そして内容もシンプルだ」ということ以外にも、もう一つ違いがあります。
それは、業者に丸投げしていいか、丸投げしてはダメかということです。

別れさせ工作はご依頼者様とは関係のない方に対して行うことが多いので、言ってしまえば、ご依頼者様にしていただくことは特にありません。
しかし復縁工作は、ご依頼者様と対象者の関係を修復するものです。
それをするには当然ご依頼者様の関与も大切であり、我々がどれだけお膳立てをしたところでご依頼者様がまた対象者に嫌われるような行動を取ってしまえば復縁は叶いません。

この部分をご依頼前に丁寧に説明をしている業者とそうではない業者に二分されるかと思います。

このホームページ上で繰り返しお伝えしている一つのモットーですが、アイリッシでは正確な情報を包み隠さずお渡しした上で、ご依頼者様に最適なご判断をしていただくことを常としています。

こと復縁工作においては、復縁屋に大金を託せば自動的に事が成されるものではありません。

残念ですが契約を取って売り上げを上げることだけを至上命題にしているような拝金主義の復縁屋があるとするならば、十中八九、契約前にその部分のご説明はしないでしょう。
お金を払うクライアントと、それを受諾する業者。
両者はその関係であることは間違いないですが、復縁工作とはその両者が二人三脚で進めていくものです。
業者と顧客というよりは、相棒という感覚が近いでしょうか。

私たちは、特に復縁工作のご依頼者様に対しては、ビジネスというよりも上記のようにパートナーと言うべき親密な関係を築くことを意識している面もあります。
なぜなら、ご依頼者様の人付き合いにおける悪い癖などはしっかりと指摘をさせていただかなければ、根本的な復縁は一生あり得ないと言えるからです。

別れてしまった原因は、もちろんご依頼者様ではなくお相手にもあるのでしょう。
むしろ、お話を聞くと相手にその原因が強くあるケースも多いです。
しかしそれでも復縁したいと思っているのはこちらです。
失礼ですが、お相手は復縁したいとはそう強くは思っていないからこそ、今の状況が生まれています。
その部分に目を逸らさず、今の現状の発端を見つめることを意識すれば、自ずと「こちらから歩み寄っていかなくてはいけないのだ」と気づくでしょう。
別れてしまった原因がどちらにあったにせよ、ご依頼者様は復縁したいと思っているけど相手はそう思っていないのであれば、歩み寄らなくてはいけないのは必然的にこちらになります。

変わらなくてはいけないものこちらです。
相手に原因があるとしても、それを許容する包容力を身に着ける必要があるケースもあります。
相手に原因を改善することだけを求めるのであれば、かなり高い確率でまた別れてしまうでしょう。

果たして、その部分をしっかりと説明している復縁屋がどれだけあるでしょうか。

はっきり申し上げますと、その点から目を逸らした状態で一体なぜ復縁工作ができるでしょうか。

皆さまは、100万円や200万円払って、表面的な復縁ができれば満足なのでしょうか?

もしも自分が復縁工作の依頼者だったら・・・と考えると、決してそうは思いません。
大金を払うのですから、復縁したけどすぐにまた別れてしまったという結果には絶対になりたくありません。

そうならないためにはどうすればいいのか。
その点は、ご依頼者様自身も復縁屋に相談をする前にお考えいただくと良いかと存じます。
そしてその部分に関してしっかりとした答えや意見を持ったのであれば、そうなると今相談をしている復縁屋の説明や回答が表面上の一時的な復縁なのか、それとも芯の部分からの復縁を見越したものなのかの見分けは自然とつくでしょう。

ここまで長々とお話しさせていただきましたが、皆さまには、根っこの部分からの復縁を叶えていただきたいと思っています。

皆さまもそこに目を向けることで、優良な復縁屋を見抜く力も自然と身に着くと言えます。

多くの復縁屋をご比較なさったうえで、アイリッシュの実行力や志に共感いただけましたら幸いです。

ここからは、復縁工作の実例をご紹介させていただきます。

復縁工作の方法と事例

復縁工作事例①

福岡県女性 1か月前に別れた彼氏と復縁したい

福岡県にお住まいの女性からお寄せいただいた復縁工作事例をご紹介させていただきます。

ご相談者様と彼は交際期間がちょうど3年を過ぎ、ご相談者様の中では真剣に将来を考えられる相手として彼を信頼をしていたようです。
しかし、結婚までを視野に入れ始めたとき、彼の金銭面でのだらしない部分が引っ掛かり始め、そのことについてきつく言ってしまったとのこと。

初めは冷静な話し合いだったのが、お互いにヒートアップしてしまい、1か月間の冷却期間を置くという決断をされたそうです。
お互いに相手のことをもう一度考え直す期間としてあまり連絡を取らずに過ごした結果、相談者様の中ではやっぱり一緒に歩んでいきたいとの結論に至りましたが、彼の中では残念ながら違ったようです。
冷却期間を置いたことが逆に彼の中でご相談者様への想いを下げることになってしまい、そこからご相談者様から何度かアプローチはしたものの彼の気持ちは変わらず、最後の手段としてアイリッシュにご相談いただきました。

契約前の無料カウンセリングで、その案件の肝を見極める

復縁工作においては、「復縁のポイントがどこになるのか」を見極める作業が重要になります。
言ってしまえば、別れさせ工作というのはどの案件も単純な恋愛工作にて結果を出すことが見込めます。
しかし復縁工作はよりデリケートなものとなり、対象者やその案件に合わせたアプローチを微妙に調整していくことが大切です。

アイリッシュではご契約前のカウンセリングを徹底しており、その案件のどこにポイントがあるのかを見極めるための綿密な打ち合わせを行わせていただいております。
冷却期間を置く前やその期間中、そして現在の彼との連絡頻度や内容、彼のリアクションを多くの事例を見比べて分析することで、実際にご契約を結んで工作をする前から彼の真意の一端を探っていきます。
それにより必要なアプローチの大枠を定めつつ、案件の肝を見極めます。

今回は、彼から「別れるという結論を出した理由」については特に明確な言葉を聞けていないというのが、このご相談のポイントと感じました。
まずはそれをはっきりとさせること、そして彼の相談相手に工作員がなることが糸口になります。

工作により発覚する、ご相談者様では聞き出せない本心

そして、ご相談者様は彼とつい1か月前までは密に連絡を取り合っていたというのはとても幸いです。
毎日のおおよそのスケジュールや最近の出来後、趣味など、彼に対しての活きた情報がまだ残っていますので、接触の際に非常に手助けになります。
復縁をするために弊社のような工作業者に依頼をするのであれば、それはあまり時期を空けないほうが成功率が上がります。その点については、アイリッシュが考える冷却期間の活かし方をご確認下さい。

我々が大がかりな行動調査をするまでもなく相談者様がお持ちの事前情報を参考にすることで接触のチャンスは見つかり、お酒の席でファーストコンタクトを取りました。
彼は2~3名での飲み会が好きとのことで、こちらも同人数の工作員を用意し、まずは団体同士で糸口をつかみ、そのお酒の席の中で彼に対しても距離を詰めていきます。
その後は連絡先の交換から、また次回も酒席で親睦を深め、趣味の話題などでより親密になっていきます。

その後は1か月ほどをかけて彼とのやりとりを継続し、恋愛面での話も素直に出来る関係づくりに注力しました。
そこで判明した事実が、彼の中にはあまり結婚願望がなかったということです。
相談者様に対してはある程度は結婚もしたいと思っていると言っていたようですが、その時点ではそれはその場の雰囲気に合わせていたのでしょう。
大きな喧嘩をしたことで、特にその先の将来を必要としていない彼は、その流れに合わせてそのまま関係解消に向かっていってしまったようです。
しかし、結婚願望がなかったというのは今は過去形になりつつあり、相談者様との関係を解消して初めて、恋人の大切さやその先にある結婚の魅力について認識し始めているとの面も見られました。
この案件は、そこが解決の糸口になりました。
工作員自身には親密な彼女がおり結婚を考えているなどと話し、誘導することで、彼の中で失ったものの大きさを気付かせます。
彼はそれまであまり多くの女性と交際をしてきたタイプではないというのも幸いしました。
心理誘導、そして復縁に必要なものを探り、それをご相談者様にお話をします。
しっかりと事前に打ち合わせをしたうえ、彼と相談者様でお話ができる機会をセッティング。
一度手放したものの大切さに気付いた彼との復縁は、そう時間がかかるものではありませんでした。

復縁工作の料金について

工作員と対象者の方の信頼関係を作り上げることが必要となるケースが多い復縁工作は、ほかの工作と比べても費用が高額になることが多いものです。
これはこの工作業界全体に言えることであり、アイリッシュでもその傾向があります。

アイリッシュのお見積もりの特徴は、決して事務的なヒアリングをせず、オーダーメイドで状況をお聞きすることで適切なご提案をするという点。
少しでも無駄を排して割安なお見積もりになるようご対応させていただきます。
工作の料金は料金表ページにて目安を掲載しておりますので、ご一読くださいませ。

大都市での復縁工作の特徴について

アイリッシュでは全47都道府県で復縁工作を請け負っておりますが、それぞれの都市によって最適な進め方は変わって参ります。
その地域の特徴に合わせたアプローチをすることで、価格を抑え最短距離での目的達成が図れます。

全国の中でも、取り立てて特徴のあるエリアにおける復縁工作への取り組みを個別に解説しております。
宜しければご覧いただけましたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました