神戸・兵庫県の別れさせ屋アイリッシュの高い成功率

兵庫県全域での別れさせ工作に対応中

神戸・兵庫県で別れさせ工作をお考えの皆様。
神戸の別れさせ屋アイリッシュでは、兵庫県全エリアで別れさせ工作・復縁工作・出会い工作を実施しております。

全国で工作を実施するアイリッシュが本拠地を置く神戸では、他社様と比べても圧倒的な安さと工作の質で高い成功率を収めています

アイリッシュの兵庫県での取り組みをご説明させていただきます。

兵庫県内でのエリア別の特徴

神戸市及び県南東部の別れさせ工作事情

兵庫県内でも断トツの人口を誇る神戸市はご依頼数も頭一つ抜けており、常に多くのご相談が寄せられております

インフラが整備されているため大阪からのアクセスも良く、業者様の中には大阪に在住する人員が神戸までやってきて調査や工作を実行しているというケースも多いようです。
神戸と大阪の中間地帯である、芦屋市西宮市尼崎市宝塚市なども同様のことが言えます。
確かにこれらのエリアから大阪までは電車であれば15~30分で着くため、移動の負担などはさほどありません。

しかし特に別れさせ工作は、いつチャンスが巡ってくるかが分からないとの側面があります
大阪の人員が他のエリアもカバーしているのでは、神戸の案件を優先的に行うことはできません。
神戸に拠点を持つアイリッシュでは神戸エリアを重点的に抑えておりますので、迅速なご対応が可能となっております。
そうそう多くはない接触チャンスをものにしなくてはいけない別れさせ工作は、「そのチャンスの日」に動けたかどうかで結果が180度変わってくると言っても過言ではありません。

また、このエリアでは復縁工作のご依頼も活発です。
別れさせ工作であっても対象者と復縁をすることが最終的な目的であるかと思いますが、対象者に別の恋人がいる場合は「別れさせ工作」、特に別の恋人がいない場合は「復縁工作」となります。
もし後者に該当する場合は、神戸・兵庫での復縁工作のページをご覧ください。

別れさせ屋アイリッシュ

姫路を始めとした兵庫県南西部の工作事情

姫路市、加古川市、明石市などの、県南部及び南西部は、神戸市エリアに次いでご依頼数の多いエリアとなります。
このエリアにおきましては、大阪からでも電車は一直線に通っていますので移動の負担はさほどありませんが移動に時間がかかって参ります。

前述の通り、別れさせ工作は動いてほしいときに動けるかどうかで、その高額な費用をかけた意味がまるっきり変わってしまいます。
また、徐々に人口も減って参りますので長期的な張り込みに自然に適応することの難易度も上がって参ります。
他の地域での実績があるかは関係なく、その土地の調査や工作に慣れているかどうかによって、姫路エリアでの成功率が変わってくるでしょう。

神戸に拠点を持つアイリッシュでは、姫路でのご依頼も他社様よりも多く寄せられる傾向にあります。
その理由の一つがアイリッシュの費用の安さと言えるでしょう。
不透明な業界価格から撤退し、本当の値段で手の届きやすい工作体制を作り上げることで他者様以上の案件数と経験を積むことができております

兵庫県中部及び北部エリアの別れさせ工作の特徴

丹波市や豊岡市などでちらほらご依頼はお寄せいただいておりますが、あまり工作のご相談数自体が少ない地域となります

兵庫県に拠点を持つアイリッシュにおいても1か月に1度ほどのご依頼ペースとなるため、この地域で継続的に別れさせ工作を稼働し続けている業者様というのは恐らく存在しないでしょう。

隣接する他の都道府県からの対応ではまったくもってスピーディーな実働ができませんので、大阪などにしか拠点のない業者様がこのエリアで案件を請け負うのも難しいと言えます

アイリッシュではこのエリアでのご相談・ご依頼もお受けし、業界最高峰のスピードでご対応が可能です。
また、この県中部・北部でのご面談にもご対応させていただいております。

まずは是非とも無料相談にて今のお悩みをお話しいただけましたらと思います。

安さと経験値が兵庫県での強み

先ほどにも少し触れさせていただきましたが、アイリッシュの明確な強みの一つがその費用の適正さです。
その地域の土地勘のない人員が遠方からやってきて調査や工作に当たるのでは、移動の経費や宿泊費などが発生します。
多くの業者様の場合、それは事前にご依頼者様へご請求をする着手金の中に含まれていたり、あとから請求する経費として加算されることとなりますが、アイリッシュでは兵庫県内の人員がそのまま着手に当たるためにそもそも多額の経費を必要としません

また、そのように”この人員はこのエリアを専属的にカバーする”という各人員の地域毎の専門性を高めることで、成功率の底上げに繋がっています。

費用が安いためにご依頼数が多く、そのエリアで多くの調査経験・工作経験を積み重ねることができるために、最小限の実働での目的達成力も着実に向上しております。

ご相談者様がご依頼しやすい環境を作ることが成功率を高めることに繋がるであろうとアイリッシュは考え、それを実行した結果、関西エリア全体で高い支持をいただいております。

ぜひとも、兵庫県内の別れさせ工作はアイリッシュへご相談ください。

兵庫の別れさせ工作事例

神戸,兵庫県,別れさせ工作,事例

明石市女性:交際関係を解消するための別れ工作

多くのご相談が寄せられる神戸・兵庫においては、少し変わったご依頼をご紹介させていただきます。

明石市にお住まいの女性のご相談者様からお寄せいただいたのは、自分の彼氏に対する恋愛工作をしてほしいとのご相談でした。
その背景にあるのは、いまいち結婚までは考えられない彼とできるだけ円満に別れたいという願望です。
交際期間だけがずるずると伸びてしまったために今さら一方的に別れを告げて相手に逆恨みされるのが怖い、という事情がございました。

それだけを聞くと、いわゆる一般的な「別れ工作」に分類されます。
自分以外の男女を別れさせるのが「別れさせ工作」、自分と恋人や配偶者をあと腐れなく別れさせるのが「別れ工作」です。

しかしこの別れ工作にはもう一つの思惑がございました。
それは、彼に対して女性工作員が恋愛工作をして、もし彼がそれをきっぱりと断ってご相談者様を大切にしているという意思が垣間見えたら、彼との付き合いを継続するかも、というものです。
つまり、彼のご相談者様に対する本気さを知りたいとのこと。
ご相談者様にとっては、交際期間が長くなり、彼との距離の取り方が分からなくなってきたタイミングだったのかもしれません。
そのようなバックグラウンドを抱えつつ、この工作はスタートしました。

切り替わる移動手段には人員の数で対応

現在も交際関係にあり、しかも数年来の付き合いということで彼の行動内容などはそのほとんどを把握できています。
しかし、それでも彼について知らない部分はあり、それを調査員による行動調査で解き明かしていくことにも意味はあります。
”ご相談者様の知らない彼”の情報をご提供することにも、このご依頼の価値はございます
彼の行動内容が不明なタイミングをピックアップしていただき、まずはそこを中心に行動調査を行います。

予想していた通り浮気等の影はなく、一人行動の多い彼に対する接触ポイントを見極めていく作業を続けました。

移動先によって、電車・車・自転車の多くの移動手段を使い分ける彼を尾行することには高い難易度がありましたが、その場合はこちらも多数の人員を投入することで対応が可能です。

彼が車を置いているところにはこちらも調査車両と人員を配備し、彼が良く使う駐輪場にはこちらも定期契約で自転車を停めておき、スムーズな尾行態勢をどのタイミングでも整えました。

そして彼に対する有効な接触地点を何個かピックアップしたうえで、調査員と工作員の打ち合わせにより実際の接触のタイミングをシミュレーション
いよいよ工作へと移ります。

工作のノウハウを一部ご紹介

比較的アクティブに行動する彼に対する接触場所は、多くの対象者よりも若干多めにありました。
その中で、まずは様子見として喫煙スペースでの接触を試みました。
一人で一服しているタイミングでアイリッシュの女性工作員が接触し、彼とのコミュニケーションを取りました。
反応としては悪くなく、気さくな彼との会話の内容に困ることはありませんでした。
彼がその喫煙スペースを好んで使うことは既に判明していたため、そこで焦って連絡先の交換まで先走らずに、また次回の接触チャンスにて進展を図ることに。
一度嫌悪感を持たれてしまってはそれを取り消すことはできません。
街中で一般の方が行うナンパのように、一度の接触で多くを求めることは失敗に繋がります

喫煙スペースを出てからの彼の行動内容も今までの調査で判明しているため、次回は比較的時間に余裕があり、その後の予定が詰まっていないタイミングを狙って再度喫煙スペースでの接触に臨みました
再度同じ人員が接触をすると、あまり壁を作らないタイプなのか仕事の話などを明かしつつ、連絡先の交換に至ることに成功。

そこからはラインでのやり取りにて親睦を深め、ご相談者様から事前にお聞きしていた彼の嗜好をこちらは先に提示し、共通の趣味を持つ人としての地位を作っていきます。
いわば、相手が気持ちよく思うポイントを事前に把握している状態での恋愛ですので、多くの恋愛工作に慣れた工作員からすると朝飯前とも言えるほど、その関係発展はスムーズでした。

工作員は彼に寄り添い、ご相談者様はきつく当たることで効果を生む

そして初めて時間を合わせて彼と会ったタイミングで禁断の質問を。
今彼女はいるのですか?と尋ねると、彼は「いない」と答えました。
この時点で、ご相談者様の心は決まったようです。
ご相談者様が彼との関係に鬱屈としたものを感じていたように、彼もまた別の安らぎを求めていたのかもしれません
彼のこの言動が、ご相談者様との関係に不満があったからのものなのか、それとも単純に浮気性だからなのかは、もうご相談者様は関係がないとのこと。

この先彼と関係を続ける意思はなくなったようですので、そこからは一直線に工作を行って参りました。

彼との関係を自然に深めていき、喫茶店や映画でのデートなどを何度か行うことで、恋人としての関係性をしっかりと作り上げます
そのうえで、彼と工作員がデートをしているタイミングで、わざとご相談者様に鉢合わせしていただきます。
ご相談者様が都合のつく日時とすり合わせた上でその最終的な工作を敢行
「浮気をしたら別れる」と以前からご相談者様は彼に話していたようで、工作員との関係を目撃されてしまった彼は言い訳もできずにいました。
工作員は彼に寄り添う姿勢を見せることで彼の意思を次へと向けさせやすくし、ご相談者様との関係を綺麗に断ち切れたという例でした。

兵庫・神戸の別れさせ工作事例②

神戸市男性:同じ社会人サークル内で略奪愛をしたい

続いてご紹介をするのは、神戸市の男性からお寄せいただいた別れさせ工作です。

そもそも男女の出会いの場にいるからこそ別れさせ工作をご依頼される確率も増えるのですが、社会人となると多くの男女が日常的に交流をしている場には職場以外ではあまり行かないものです。

具体的には、社会人サークルの活動をしている方などが、多くの出会いの場にいらっしゃるようです。
年齢や文化系・体育会系の活動を問わず、複数名の男女の集まりを仕事以外で持てている方は、別れさせ工作を仕掛けることも仕掛けられることも他の方よりも多いと言えるかもしれません。

今回のご相談は、ご相談者様が参加するとある文化系のサークル内での恋愛模様に関するものでした。
ご相談者様はそのサークルで知り合われた女性と一時期恋愛関係になっていたようです。
しかしそのサークルに最近参加してきた男性がなかなかハンサムな方のようで、ちょうどそのころにご相談者様と彼女の関係が一時期悪くなっていたのも重なり、その彼女と自然消滅なフェードアウト的に別れてしまったようです。
彼女はサークル内で高根の花としての立ち位置にいることもあり、どうやらその数週間後にその男性と交際を始めたとのこと。
かなり人数の多いサークルのようなので、この団体内での恋愛は多々あるようなのですが、どうしても彼女のことを諦めることができずに工作の利用を検討されたとのことです。

この案件のポイントがどこにあるのかという点を見極めることが、まずは大切でした。

調査は不要でも失敗の出来ないシチュエーション

お話を聞くと、サークルの人数が多いという点がポイントに思えました。
人数が多く、独身男女の多くはそういった恋愛関係になっているがために今回の彼女の乗り換え恋愛も生まれてしまったのかもしれません。
しかし逆に言うと、そのサークル内に工作員が入ることも可能でしょう。
なのでその男性の気を惹いたり、一時的な浮気を彼女に見せつけることができれば別れさせの効果は見込めると考えました。

その方法の一番のメリットは、不要な行動調査をしなくてよいという点です。

ご相談者様はそのサークルに入ってから歴が長いようですのでサークルの代表とも仲が良く、間に入ってもらうことで工作員を入れ込むことができました。
もちろん代表の方には工作員とは告げずに、です。
もしそれができないのであれば、対象男性の普段の行動を探って接触場所を探り、そして工作を仕掛けていくという工程になります。
基本的に多くの案件はそうなりますが、この件においてはそういった日常の行動を探る必要がほぼなかったため、工作費用という面や期間面において大きな優遇を受けることができたと言えます。

大切なのは、一球入魂という面が強いことです。
毎月そのサークルに新規加入してくるのはせいぜい1か月あたり2,3人ほどのようです。
代わる代わる女性工作員を投入するわけにもいかず、少ないチャンスで実を結ぶためには彼の女性の好みを正確に把握し、そしてそれに合った女性工作員を最適な振る舞いで接触させること。

その「探る」という部分を如何に的確に、そして端的に行っていくかがプランの練り所と言えました。

男性工作員を偵察役として起用

ご相談者様は、その対象男性とさほど仲が良くないようです。
つまり会話を持ち掛けて恋愛面での話を聞き出し、その好みなどを探っていくということは難しい状況でした。
また、今から男性にすり寄って行ってそれをするのも彼女の目に不自然に映ってしまいかねません。

そこで弊社が提案したのは、男性工作員の起用です。
上記で言う「対象男性の恋愛の好みを探る」という役割を、お客様にではなく男性工作員が行うという内容でのプランです。
女性工作員が潜入できるように、男性工作員も潜入できます。

もちろん女性工作員と同様、ここも一球入魂と言えます。
しかし恋愛関係になるわけではなく同性として友人になるわけですから、そのハードルは段違いに低くなります
また、まずは男性工作員が相手の好みを正確に把握をすることでその後の女性工作員の工作の精度も格段に向上します。

もちろん本来であれば「異性が接触をして恋愛関係になる」という恋愛工作においては、対象者と同性の工作員は出る幕がありません。
しかし今回の場合もそうですが、同性の工作員が偵察をして情報を得るというひと手間を加えるかどうかでそのご依頼の成否が大きく左右されるとすれば、多くの方はその方法を取るのではないでしょうか。
男性工作員を使う分の実働回数は必要になりますが、たとえばその実働3回が10万円ほどだとして、その10万円をかけるかかけないかで元々お支払いただいた着手金による成果が大きく変わると言っても過言ではありません。

今回もご依頼者様のご希望によりそのプランで決行し、流れとしてはまずは男性工作員をそのサークルに入会させ、対象男性との距離を詰めました。
サークルの活動やその他のプライベートの時間も使って距離を詰め、恋愛面での好みを把握。

それを踏まえた上で女性工作員を選定し、いざ工作を決行しました。

狭いサークルなのであれば、今付き合っている彼女の目があるので浮気はしないでしょう。
しかし人数が多く、その隙があるのであればこちらからアプローチをかけることでその芽は生まれます。
また、サークルに入会してからさほど日を空けることなくアプローチをかけることも重要です。
もしも女性工作員が意図せずその彼女と仲良くなってしまい、対象男性との恋愛関係を把握してしまってからでは、対象男性から見て「自分がこのサークル内で付き合っていることを知られている相手」と浮気はしづらくなります。
できれば「入ったばかりなので何も知らない」というスタンスを対象男性に見せることで、表面的にでも浮気関係を作ることが見込めました。
そして後はその関係を彼女に露呈させるだけ。
長々とした調査を必要とせずに目的を達せた例です。

※ 上記事例は、個人が特定できないよう部分的に改変しながら掲載しております。

タイトルとURLをコピーしました