長野県の別れさせ屋アイリッシュの別れさせ工作

長野県の別れさせ屋アイリッシュ

長野県での別れさせ工作に特化

別れさせ屋アイリッシュでは、長野県の全市町村で別れさせ工作・復縁工作・出会い工作を実施しています。

地理的には日本の中心部でありながら別れさせ屋はあまり積極的にそのシェアを伸ばしていない地域であり、東京や大阪のように多くの別れさせ工作業者の中から比較をして相見積を取ることも難しいと言えます。

その中で別れさせ屋アイリッシュでは長野に根付いた工作体制を敷くことで、長野県の全域で迅速な工作対応が可能となっています。

長野市、松本市、上田市での別れさせ依頼が多いです

多くの県と隣接する長野県は一見他県からの応援要請が行きやすく見えます。
しかしご依頼が多く寄せられる長野市松本市上田市に1時間以内に他県から向かうことは難しく、他県からではなく現地の人員による対応ができるかが重要になります。

「あまり出動時間は関係ないのでは・・・?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、移動に時間がかかるということは移動するために経費もたくさんかかるということです。
時間はかかるもののお金はかからない、というケースはありません。

工作現場まで車で行く業者もあれば電車で行く業者もあるでしょうが、移動距離に応じて移動費もかかるということは、それはお客様へご請求をする工作費用に転嫁されます。

お安く依頼を受けるためにはできるだけ各エリアに細かく人員を配備し、無駄な移動費がかからない態勢を作ることが第一です。

長野県の別れさせ屋アイリッシュ

別れさせ工作の成功率を上げるために

「スピーディーな出動ができる」という部分は、費用を安くするためだけではなく工作の成功率を上げることにも繋がります。

今存在しているカップルを別れさせるには、徐々にそこに亀裂を入れるよう力を入れていきます。
イメージとしては、ハンマーでおもいっきり叩くというよりかは、小さな木づちで少しずつと力を加えていくものです。

そして、別れさせ工作を成功させる3つのポイントをご説明致しますと、

別れさせ工作を成功させる3つの秘訣
  1. 適切な回数を設ける
  2. 動くタイミングを間違えない
  3. アプローチする場所を間違えない

という3つを挙げております。
順に見て参りましょう。

①別れさせ工作の適切な回数とは―――

3つのポイントの中でも最も大切な部分と言えるかもしれません。

多くの別れさせ屋が実働回数を明記した契約を推奨している2020年現在では、その回数が良くも悪くも重要です。
契約内容が回数制となり明確になったというのは当然お客様にとっても喜ばしいことですが、その回数以上は動いてくれないということになるため、契約した回数が少なかったり、足りなくなってしまえば失敗となります。

別れさせ工作を成功させるにはおおよそ15回~20回の実働回数が必要と言われます。
そしてその回数は、今の時点での情報量や相手の関係性などによって増減します。

長期的な工作が必要な案件を、費用を安くするために実働5回の契約で着手してもそれが成功する見込みなどかなり低いのが現実です。
お客様のために親身にアドバイスをさせていただくと、通常の案件をそのような少数契約で臨むのであれば、初めから工作による解決はされないほうがお金が無駄にならず、結果的に損にならないと存じます。

アイリッシュでは成功を見越したご提案しかしていないからこそ、明らかにお客様にとって不利益なご提案を他社様からされている場合も、それをしっかりとお伝えさせていただいております。

②動くタイミングを間違えないこと――

適切なアプローチをしていくためのポイントの一つが、タイミングの見極めです。
「今じゃない」というタイミングで動いてしまっては、どれだけ容姿や実力が優れた工作員であってもカップルの恋愛感情をなくすことはできません。

どういったタイミングが最適なのかはその対象者の状況によりますが、たとえばその対象カップルが今は付き合ったばかりであり、最も気持ちが燃え上がっている時期なのであれば、それを少し外したほうが効果は出やすいです。
ただし、そういったことは我々別れさせ屋でなくとも多くの方もお考えになることかもしれません。

ときには、あえて付き合いたての状態を狙うこともあります。
なぜなら、付き合いたてということはそのカップルはお互いのことをまださほど深く知っていない状態であり、強い信頼関係はありません。
お互いのルックスに惹かれていたり、表面的な雰囲気に魅力を感じているからこそ付き合っていると言えますが、人間としての信頼関係はまださほど構築されていないことがほとんどです。
つまり、その状態でどちらかに浮気をさせてその事実をパートナーに露見させれば、たちどころにそのカップルを別れさせることができます。

このように、別れさせ工作には表も裏もあり、案件や状況によってそのタイミングが適しているのか否かが変わってきます。

それを見極める”目”を養うには、多くの事例に触れるしかありません
アイリッシュでは安価なご費用で案件を受けているからこそ他社様よりも事例数が多く、その見極める目を養えているかと自負しております。

③アプローチする場所を間違えないこと――

上記で触れたのは「タイミング」という時期的なお話ですが、時期ではなく接触をする「場所」や「シチュエーション」も大切です。

極端に言いますと、路上で接触をしてもそこから進展させることは至難の業です。
状況さえ整えることができれば、大して労せずとも恋愛を滑らかに発進させていくことは容易であり、その状況を作るまでが別れさせ工作のミソとも言えます。

その状況をセットしていくのが、事前調査です。
いきなり工作員が接触を目論んでも、それはギャンブルのようなぶっつけ本番の工作に終わります。
運よく成功するかもしれませんが、お客様から高い金額をお支払いいただいているうえでそのような行き当たりばったりの工作をするわけにはいきません。

別れさせ屋が大切にすべきなのは「実現力」。
つまり確実性を持ったプランを選ぶべきであり、そのためには工作部分だけでなく調査部分でしっかりとした情報収集をすることが大切です。

料金と対応スピードでアイリッシュをお選びください

宜しければ上記の料金表もご覧いただき、アイリッシュの費用感をお掴み頂けましたらと思います。

そして、ご依頼をされるかどうかについては時間をかけてじっくりとお考えいただけましたらと思いますが、実際に工作をするとなれば、そのチャンスを如何に逃さずに行っていけるかで結果が180度変わってきます。

接触をしていかなければどのような工作も遂行できませんが、毎日のように接触チャンスが転がっているわけではありません
たとえば、接触対象者へアプローチをするチャンスは土曜日しかないと分かっていたとして、「来週の土曜日はもう人員が埋まっています」などと先延ばしに遭ってしまっては工作結果に大きく影響します。
特定の曜日の対応ができない理由は、現地の人員ではなく他県からの要請を基本としているか、もしくはその業者様のキャパシティを超えた案件を受注してしまっているかです。

アイリッシュが高い成功率を維持しているのは、一つ一つの案件にしっかりと時間と人員を確保しているからです。
それにより高いレベルでの対応スピードを維持しております。

ご依頼数の多い東京・名古屋・金沢のいずれとも距離の離れている長野においては、その地域に根差した体制を整えることで迅速な対応をし、それが成功率と満足度に繋がっているものと自負しています。

アイリッシュへのご相談は完全無料ですので、宜しければお気軽にご利用くださいませ。

長野県の別れさせ工作事例

長野市男性:浮気相手からもう連絡がこないようにしてほしい

一度犯してしまった過ちを、できれば周りに知られないように解決したい・・・。
そんなお悩みを解決した例をご紹介します。

長野市に住む男性は、彼女がいながらも一時の過ちで浮気をしてしまいました。
ある女性と一晩の関係を持ってしまったのですが、その方はかなりの熱量で相談者様に対して関係継続を求めてきます。
その女性となんとか穏便に関係を断つことはできないかというご相談をアイリッシュにお寄せいただきました。

この状況で取れる方法はおよそ1つしかなく、その女性に対して男性工作員を接触させて「意中の男性」を我々で意図的に作り出すものです。
その「新しい男性」に首ったけになればご相談者様へ割く時間や熱量は下がっていき、工作員との関係を続ければいつしかそれを0にすることができます。

女子会 対 男性工作員グループ

あまり付き合いが長くないため、その女性に対する個人的な情報は乏しい状態でした。
このようなケースでは視点を変え、ご相談者様の協力の元で調査を行うことで簡単に状況を打開できます。
一度またその女性と会っていただき、そのタイミングで女性を尾行するという計画を立てました。
事前に場所や時間を打ち合わせし、そのポイントにて彼女と別れていただき、そこから調査員が彼女を尾行。

工作員が自然に接触できるタイミングをつかむため、2~3週間ほどの尾行によって普段の行動内容を調べていきます。
すると、いわゆる女子会という様子で、2,3人ほどの女友達と食事に行くことがあることが判明
そのタイミングで、こちらも男性工作員を複数名用意し、接点を持ちました。
もちろんターゲットは対象女性一人。
最も食いつきの良い男性工作員が彼女と接近できるために他の工作員は自然にアシスト。
自分に愛情を注いでくれる彼氏を探している様子の彼女に対しては、連絡先の交換からデートにこぎつけるまでさほど時間は要しませんでした。

その後は、傍から見れば普通の恋愛を継続していくだけです。
彼女は男性に依存しやすい傾向がありますが、そういう方にはより頻繁に連絡を取ることで、そもそもご相談者様と会ったり電話をする時間を与えなければいいのです。
関係発展から3週間ほど経過したところで、彼女からご相談者様に対する連絡はぱったりとなくなりました。
しかしそこで急に工作を辞めてしまってはまた元の木阿弥になりかねません。
そこからさらに1か月関係を継続し、ご相談者様への意識を下げた時点で一旦工作を終了することで、費用面でもギリギリまでご負担を抑えながら効果的な工作をすることができました。

タイトルとURLをコピーしました