長崎県の別れさせ屋アイリッシュの高い成功率

長崎市、佐世保市、諫早市を中心とした工作体制

別れさせ屋アイリッシュによる、長崎県内での別れさせ工作の取り組みをご紹介させていただきます。

長崎県における別れさせ工作の特徴を上げるとするならば、そのご依頼内容に特徴があります。
景観が優れ、他県からの観光客や転入者が一定数いる長崎県内においては、一時的な浮気に対する別れさせ工作、及びそれによる復縁工作が多く寄せられる傾向にあります。

数年前からの浮気関係を別れさせるのではなく、つい最近始まった浮気なのであれば、別れさせ工作にもそれほど長い期間は必要になりません。
目的達成までの期間や工作内容が短期化できるということは、費用面でも負担が少なく着手が可能になります。

長崎県内においては、長崎市、佐世保市、諫早市を中心とした工作体制を敷いております。
地元の情報などを頭に入れた調査員や工作員による実働が可能ですので、尾行においても接触においても質の高いサービスのご提供をしております。

長崎県での別れ工作事例

できるだけ円満に別れなくてはいけない事情

ご相談者様は同じ職場の上司と交際を始めて半年ほど経つそうですが、ご相談者様はその方とは将来を考えられないと判断し、1か月ほど前に別れを告げたそうです。
しかし相手方は別れに納得ができないようで、話がこじれてしまっている状態です。
同じ職場ということもあり、なんとか円満な別れをしたいとの背景もあり、弊社に対して別れ工作のご相談をしてくださいました。

別れ工作においては、ご自身のお力のみで解決ができるケースも少なくありません。
執着をしているのは相手ですので、無理やりにでもあの手この手でそれを振り払って距離を置くことがシンプルな解決策です。
しかし、全ての方がそれができるような安易な状況にはいらっしゃいません。
また、やろうと思えばご自身で別れを実現できるけれど、出来る限り相手やその関係者と波風を立てずに別れなくてはいけない、という事情を抱えている方も多数いらっしゃいます。
今からご紹介をする長崎市内の案件もそれに該当しますが、そういったケースでは、別れ工作が最適と言えます。

工作の前に、接触ポイントで土壌を作る

「同じ職場にいる」というのが一つのキーポイントとなります。
同じ職場だからこそ、円満に別れなくてはいけないという気遣いが発生し、だからこそ別れ工作が必要となります。
ただし、同じ職場だからこそ相手の普段の行動パターンも容易に把握でき、工作員が接触できるポイントの見極めや、場合によっては意図的にその隙を作ることもできます。

今回の案件では、事前調査は省き、いきなり女性工作員による接触が行えました。
その場所は、対象者がよく訪れるという飲み屋です。
その店舗の情報や雰囲気はご相談者様も把握していたため、シミュレーションがしやすい状況でした。
女性工作員も事前に何度かその店を訪れ、店員の方と面識を持つことで工作がしやすい土壌を作っておき、いざ接触工作を敢行。
そうすることで、店舗の方も交流をアシストしてくれ、よりスムーズな工作ができる可能性が上がります。
もちろん全部が全部そうなるとは限りません。
しかし事前に下調べや下準備をすることがマイナスに働くリスクがないのであれば、出来る限りの準備をして工作にあたっています。
結局、その店舗にて目論見通り交流を持つことは達成できましたが、別れ工作においてはそこからが重要となります。

長期的な関係構築

一時的に工作員と恋愛関係になっただけでは、対象者の中にあるご相談者様への依存心というのは消えません。
別れ工作とは、別れさせ工作以上に長期的な関係構築が必要となります。
そこが、別れ工作の肝であり、別れさせ工作との最大の違いです。

そして、当然ですが工作期間が伸びるほど費用は増加して参ります。
ですので、業界随一の適正価格を標榜し、費用面で圧倒的な違いのあるアイリッシュにおいては、別れ工作は非常に相性がいいサービスと言えるでしょう。

この案件においては、初めに対象者と交流を持ってから3週間が経過したころを境に、対象者が依頼者を誘う頻度が目に見えて減って参りました。
しかし、別れ工作の作業はまだ終わりではありません。

別の相手の紹介までを請け負うことで真の解決に。

工作は順調に行き、その後さらに2か月ほどが経過した時点で、ご依頼者様に対する執着心は鳴りを潜めた状態となりました。

しかし、いくら工作が上手くいこうとも、工作員がいなくなったらどうなるでしょうか。
今の状態では、恐らくかなり高い確率で再度ご相談者様へ目が向いてしまうでしょう。
そこが、同じ職場であることのデメリットです。
もちろん、仕事を変え環境を変えることが手っ取り早い解決策にはなります。
しかし全ての方にそれができるわけではありません。

そういったケースで取るべき方法は、工作員以外の興味の対象を用意することです。
男性工作員を起用し、女性工作員の手助けもあって対象者と友人関係を構築した後、対象者の趣味嗜好に合わせた誘導をします。
たとえば性的な興味が強い方には、風俗店の魅力を感じさせるよう男性工作員が徐々に誘導をすることで、こちらに有利な行動パターンを作っていくというものです。
この長崎県の案件においては、出会いアプリを紹介しました。
対象者は比較的年齢が高かっため流行りのアプリなどに疎い傾向があり、スマホの無料アプリを使って多くの女性とつながれることを知るというのは、自身の中で興味深く受け取ったようです。
それにより、ご相談者様との距離をどんどん遠ざけていくことにつながります。

対象者に勧める趣味がどういったものになるかはその方次第となりますが、工作を終えた後のことまで責任を持ってご対応をさせていただいております。

タイトルとURLをコピーしました