奈良県の別れさせ屋アイリッシュが支持される理由

参入業者の多い奈良県におけるアイリッシュの取り組み

奈良県で別れさせ工作・復縁工作・出会い工作をお考えの皆様。
別れさせ屋アイリッシュでは、奈良県の全地域で工作を実施しています。

奈良県では主に奈良市を中心にご依頼が寄せられておりますが、あまり県内の他の市で人口の差が少ないという背景もあり、全エリア満遍なくご相談が寄せられております。
橿原市・天理市・大和郡山市などの都市部や、吉野エリアなどの奥まった地域でも工作の需要は発生しており、実働要請時にすぐに出動できる体制が整っています。

大都市である大阪や京都と隣接しているため、それらの地域にまたがった工作になるケースも多く見られます。(奈良県在住・大阪府勤務の対象者など)

また、アクセスが良いという理由から、工作業者としても奈良県での工作は参入しやすい面があり、多くの業者様がご依頼をお受けしている現状があります。

その中でアイリッシュの際立つ特徴としては、まずは「費用面」での違いを感じていただけることかと思います。

別れさせ工作の費用を適正なものに

別れさせ工作の見積額は業者間で非常に大きな差があり、同じ内容のご相談を受けても「80万円」と提示する業者様もあれば、「400万円」と提示する業者様もあります。
何を根拠にその金額が算出されたのは開示されないまま工作費用が決定されるという状況がずっと続いております。

その中でアイリッシュは、”不透明な業者価格”を別れさせ業界から撤廃するため、正直な適正価格を標榜しています。
宜しければアイリッシュの料金表をご覧ください。
そこに並ぶ数字をご覧いただいた感想として、もしかしたら「安すぎて不安」とお感じになるかもしれません。
しかし、工作費用はこの金額が本来の適正価格と言えます。
業者間で300万円以上も見積もり額に差が出ている現状は異常なのだと気づいていただきたい。
別れさせ工作に真摯に向き合い、金額面でも、相談対応面でも、工作内容面でも適切な対応を徹底しているアイリッシュは、奈良県で高い支持をいただいております。
宜しければまずは無料相談にて、アイリッシュの姿勢を感じていただけましたらと思います。

奈良県での別れさせ工作事例

奈良市女性:不倫相手の夫婦を別れさせてほしい

とある夫婦を別れさせてほしい、とのご相談をお寄せいただいたのは奈良市にお住まいの40代女性でした。
ご相談者様はその夫婦の旦那さんと不倫関係にあり、その関係は知り合ってから4年以上が経った今も継続中。
彼は事あるごとに「もうすぐ離婚をするから一緒になろう」と口では言ってくれているようですが、なかなかそれが実行に移されてはいません
いよいよそれにしびれを切らし、別れさせ工作によって離婚を実現できるのならば依頼したい、というご相談をいただきました。

夫婦の別れさせ工作は「押すべきツボ」を見誤らないこと

こういった内容は、奈良のみならず全国で非常に多くお寄せいただく案件です。
傾向を少しご紹介させていただきますと、夫婦の別れさせ工作をご依頼されるのは女性が圧倒的に多いです。
既婚者の男性と不倫関係にあるものの彼がいつまで経っても離婚してくれない、というお悩みから、工作を依頼されるケースが多いです。
彼からすると、離婚を進めようとはしているものの奥様の強い拒否などで進められないというケースと、主に子供のことや慰謝料のことで後ろ足を踏んでしまっているケースの2つに分けられます。

そして今回のご相談は、その後者に該当していました。
その場合の工作による解決方法は、彼に対する友人工作です。
なぜならば、奥様に対する恋愛工作をしたところで、彼の中にある「お子さんへの気持ち」には大きな変化をもたらすことができないからです。
言うなれば、この状況で恋愛工作をするのは「押すべきツボを間違えている」と言えます。
今回のご相談内容のように、彼自身の中で主にお子さんが理由となって離婚に踏ん切りが付けられないのであれば、彼の悩みをしっかりと工作員が共有した上で、離婚に向けた有意義なアドバイスをすることが必要です。
また、お子さんよりもご相談者様への気持ちが勝ることも重要です。
これはそういった工作を実現した事例ですので、同様の状況にいらっしゃる方はぜひご覧になっていただけましたらと思います。

離婚に関して正しい知識を持っていない人は多い

彼に対して接触をしていく上で、まずは同性の工作員が自然に接点を持てる場を探します。
彼はお子さんへの気持ちは強いようですが奥様との関係はかなり悪化しており、休日もあまり家にはいないようです。
行動調査をしていくと、休日は何か目的地があるわけでもないのに外出をし、ショッピングモールやパチンコ店などで時間を潰していました。
仕事に疲れた平日の仕事終わりよりも、休日の時間があるタイミングの方が接触には適していると判断し、休日の接触チャンスを窺いました。

尾行をしつつ接触の時を図っていると、お昼過ぎに飲食店で一人で食事をしている際に良いチャンスが訪れました。
食事をし終わってもなかなか席を立たず、時間を持て余しているのが良く分かります
どこが有効な接触場所なのかというのは、その店の形態もそうですが、それ以上に”そのとき暇そうにしているか”という非常にピンポイントな要素も大切です。
そこで同年代の同性工作員が会話を仕掛け、自然に世間話を行うこと接点を持ちました。
1回目の接触としては十分すぎる成果ですが、その後弊社と提携しているバーに誘うことに成功。
連絡先の交換を済ませ、また時間を合わせて接触を重ねました。
同じような年代で同じような境遇に居る友人ができれば、こちらから根掘り葉掘り聞かずとも今抱えている問題を話したくなるものです。
当然、友人工作にはそういったカウンセリング力に長けた人員があたるため、離婚をすることは決して子供に対する裏切り行為にはならないと理解をさせます。
親権を持たずともお子さんと会うことは可能ですし、積極的に関わることもできます。
お子さんとの面会交流権(=お子さんと会う権利)を奥さん側にはく奪されるケースというのは、こちらに暴力的な面があってお子さんの教育に悪影響を与えるなどと認められない限り滅多にありません。
そういった知識がないと「離婚はダメなことだ」「すべてを失う」というマイナスな先入観でしか離婚を捉えられませんが、新しい価値観を与えることで彼の思考に柔軟さを持たせることができます。

また、不倫相手がいることを自然に彼の口から聞き出せた後で、数週間後にわざとご相談者様にも鉢合わせしていただきます。
つまり、お二人の間に直接工作員が入り、お二人が将来一緒に生きることをより前向きに捉えさせるようその場で意見をし気持ちを誘導します。
先ほども少し触れましたが「今以上にご相談者様への愛情を強くする」ことが、離婚をより前向きに考え実現させることにも繋がります

夫婦の別れさせ工作は、決して恋愛工作だけが解決方法ではありません。
今回行った友人工作は時間はかかりますが、じっくりと根源的な意識から変えていくものであるため難解なご相談内容にもご対応ができます。
今回のご相談においては接触開始から4か月後にその夫婦間での話し合いに大きな動きが出ました。
夫婦の別れさせ工作は焦ってはいけません。
あくまで「自然で」「効果的な」工作を安価にご提供しているアイリッシュに是非ともご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました