神戸・兵庫の復縁工作の高い実績と成功率

神戸・兵庫の復縁工作事例

兵庫県全域での復縁工作を実施

兵庫県内にお住まいの皆様。
復縁屋アイリッシュでは、兵庫県全域にて復縁工作を実施しています。
神戸市を中心とした県南部でのご依頼数が多いですが、県の中部や北部エリアでもスムーズな工作実施体制を整えております。

元恋人や元妻・夫ともう一度やり直したいとの切なる願いをサポートするのが復縁工作です。

しかし復縁とは、ご自身のお力のみで出来るケースも多々ございます

復縁工作の概要をご説明させていただきつつ、どのようなケースでご自身での解決が見込めるのか、そしてアイリッシュの復縁工作への向き合い方をご説明させていただきます。

復縁屋アイリッシュ

復縁工作の費用面での相場

まずは復縁工作の費用面の概要からご説明をさせていただきます。

アイリッシュでは他の復縁業者様よりも極めて安価で適切な価格にて工作を承っておりますが、それでも決して安い金額で工作を完遂することは難しいのが現状です。
工作員を長期的に稼働させ、対象者の心理面をこちらの狙い通りに誘導することで目的を達する復縁工作には、どれだけ費用を抑えても60万円~70万円は必要となってしまいます。
業界全体の相場としては120万円~160万円程と言ったところでしょうか。

自力解決が可能か、無料カウンセリングにてご相談ください

復縁工作にかかる高額な費用を費やさずとも、自力で解決が見込める場合はその方法を強く推奨いたします。
しかし、自分一人で何をすればよいのか分からない、という方も多くいらっしゃることでしょう。

アイリッシュの無料相談窓口は、決して弊社への工作依頼が前提でなくとも構いません。

別れてしまうまでの経緯を詳しくお話しくだされば、復縁屋として数多くの復縁実績を持つアイリッシュがアドバイスをさせていただきます

今の時点でご自身で取れる有効な方法をお試しいただき、相手の様子をくまなく観察してみてください。
それに応じて二の矢、三の矢を放つことで、徐々に状況を改善していくことができるでしょう。

復縁のコツと、自力での復縁ができるケースの例

復縁のコツとは、決して焦らないことです。
数か月~数年の交際期間を経て別れてしまったのですから、相手にはそれなりに長期間溜まった不満があるはずです。
それを一瞬で取り払い解決をするという魔法などは無いとお考え下さい。
焦らず、じっくりと的確な振る舞いを続けることで相手の心をゆっくり溶かしていくことが必要になります。

そのため、別れてからあまり時間が経っておらず、まだこちらから特にアクションを起こしていない場合はまだ自力での復縁が見込めます
また、共通の友人などが何名かいる場合も、わざわざ工作員を用意する必要のないケースと言えます。
このケースでは、是非ともアイリッシュのカウンセリングをご利用いただけましたら、今の時点で取るべき最善の行動をご提示させていただきます

逆に、既にしつこく復縁を迫ってしまったのでは自力での復縁実現は難易度が高くなってしまっていると言えます。
ご希望でしたら、復縁屋アイリッシュではいつでも工作員を使った復縁サポートが可能です。
そのような状況では、工作員を間に入れて彼が不満に思う点を根本から理解をしていくことが必要です。

復縁工作への向き合い方

振られてしまった恋人と復縁をしたいとの思いは、ほとんどの人が一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。
その願いを叶えることができるのは、ご自身の行動力か、それとも我々のような復縁工作業者です。

その一つの恋が成就するかでこの先の未来が大きく変わっていくことでしょう。

復縁のサポートをするというのは誰もができることではなく、多くの実績とノウハウを持っている一部の復縁業者にのみ、その実現力があります
是非ともアイリッシュの力をご活用いただき、皆さまの将来がより素敵なものになりましたら幸いです。

神戸・兵庫の復縁工作

神戸・兵庫での復縁工作事例

神戸市男性:元彼女の本心を探り、復縁したい

「可能性があるならば元彼女と復縁したい」とのご相談をいただいたのは、神戸市に住む男性からでした。
どうやら、1年ほど付き合っていた彼女に、2ヶ月ほど前に「好きな人ができたから」と一方的にフラれてしまったそうです。
別れてからも連絡は取っていましたが、もうその人との交際は始めてしまったとのこと。

ご相談者様の一つ目のご要望としては、彼女の本心を探りたいとのことです。
と言うのも、ご相談者様には引っかかる点がいくつかあるとのことでした。

彼女はあまり本心を語りたがるタイプではなく、彼女の言い方などの微妙なニュアンスからも、「新し恋人がいる」というのは嘘なのではないかと思えるようです。
そのあたりは、彼女と長年の付き合いがあるご相談者様が一番お分かりになる部分ですので、ご相談者様がそう感じるのであればその可能性もあります。

復縁工作を実施する上では、いずれにせよ対象者の恋愛状況などは探っていく必要がありますので、まずは彼女の心理を探るというところまでの工作契約を結び、実行していくことに。
このような段階的な契約を結ぶことで、ご相談者様の費用負担を必要な分だけに留めることが可能です。

丁寧なカウンセリングで案件のポイントを抑え、無駄な実働と調査費用を省く

まずアイリッシュが取り掛かるのは、ご相談者様からの丁寧なヒアリングです。

ご相談者様がまだ彼女と交際をしていたころの会っていた頻度・日時などのデータをいただき、彼女が普段”動きやすい時間帯”を探っていきます。
その時間に合わせて彼女の行動調査をすることで、もし今恋人がいるのであれば彼氏とのデート現場をキャッチしやすくなります。

そういった狙うべき時間帯を見定めずに、闇雲に行動調査をしていては調査費用だけが膨らんでしまいます。
アイリッシュの費用が他社様と比べてずば抜けて安価な理由の一つに、事前の丁寧なカウンセリングにより案件のポイントを見定めてから動くため、無駄な実働を省くことができるという点があります。

そのようなポイントを絞った行動調査の結果、もし彼氏と思われる男性が現れた場合は、別れさせ工作に移行することとなります。
ご相談者様以外の恋人がいる状態では、復縁工作は効果を生みません。
別れさせ工作によって恋人がいない状況を我々で意図的に作り出し、そのうえで復縁工作へ戻っていくという流れとなります。

しかし彼女の行動調査を重ねても、恋人らしき男性は現れません。
ただしだからといって現在恋人がいないと決めつけることはできないためこれは第一段階の確認作業という位置づけですが、この行動調査には「彼女への接触場所を探す」というもう一つの目的も含まれています

彼女が暇な時間帯を狙って尾行を続けることで、「このタイミングなら接点を持てる」というチャンスをピックアップしていました。
そして今度は女性の工作員による、接触工作の段階へと移行します。

接触工作により見えてきた本案件の核心部分

ここから接触工作に移行することとなりますが、別れさせ工作も含めるとその接触の組み合わせは非常に多岐に渡ります

  • 女性に対して男性工作員が恋愛目的で接触をするパターン
  • 女性に対して男性工作員が友人関係になる目的で接触をするパターン
  • 女性に対して女性工作員が友人関係になる目的で接触をするパターン
  • 男性に対して女性工作員が恋愛目的で接触をするパターン
  • 男性に対して男性工作員が友人関係になる目的で接触をするパターン
  • それらの工作の予備段階として第2工作員が間に入って様子を見るパターン
  • 依頼者の友人・恋人を装って対象者と接触をするパターン

そして今回は、彼女に対して女性工作員が友人関係になる目的で接触をするというパターンに当てはまります。
同性に対しては比較的人懐っこいという彼女に対しては、同じく女性の工作員が接点を持ち友人関係を構築するのは、さほど困難ではありません。

判明した接触チャンスにて接点を持ち、ご相談者様からいただいた彼女の趣味や最後にハマっていたことなどを所々で出しながら会話を繋げていきます。

じっくりと時間をかけてシンプルな友人関係を培っていき、恋愛面での話にも及びます。
そこで「今彼氏はいない」と最終的な確認ができました。
最後に彼氏がいたという時期は、ご相談者様と破局をした時期とピッタリと一致します。

ご相談者様の予想は見事に当たっており、彼女は別の理由を隠したままご相談者様との別れを決意したという背景がありました。
なので、あとはそこを探っていくこととなります。

話の流れで過去の恋愛についてお互いに語り、恋愛において別れを考えるタイミング・理由などを聞き出していきます。
そうして見えてきた彼女の恋愛観によると、熱しやすく冷めやすいタイプの彼女は今までもある程度交際期間が重なると、徐々に彼氏への熱がトーンダウンしてしまうとのこと。
おおよそ半年を過ぎると次の恋愛にいきたくなり、今の彼氏への興味が自然と薄くなってしまう傾向があると自己分析していました。

こういった背景がある本案件は2つの見方ができます
ご相談者様への嫌悪感が芽生えているわけではないので、復縁工作をする状況としては悪くありません。
しかし今述べたような彼女の性格上、交際期間が長続きしないのはしょうがないとも言えてしまいます。
異性との深い関係構築をあまり望んでいないとも取れますので、言ってしまえば解決しようのない問題とも言えます。

この案件はどのように解決に至ったのか。最後にそこをご紹介いたします。

彼女の恋愛への向き合い方を正しく分析することが、成功へのカギ

彼女は今までも男性との交際期間が1年半を超えたことがないとのこと。
理由は全て共通しており、彼女の方が徐々にトーンダウンしてしまうから。
恐らくその背景には、彼女には自分の時間を大切にしたいという願望が強いのでしょう


その点に関しては、多くの方も理解はできるのではないでしょうか。
どれだけ素敵な恋人がいたり学校が楽しかったり仕事に意欲的だったとしても、毎日の中に自分一人でリラックスする時間は必ず必要です。

恐らく彼女の中には、交際期間が延びるということは結婚という将来もお互いに考え始めてしまい、その言葉が浮かんでくると結局最後は自分一人の時間に手を伸ばしてしまうのでしょう。

そういった背景があるのであれば、彼女との付き合い方を変えればいいのです。
ご相談者様とのカウンセリングで見えてきたこととして、今までのご相談者様と彼女の交際関係は比較的べったりとした密接な交際関係を続けてきたようで、それが彼女には重かったのでしょう。
ご相談者様いわく、彼女の方もある程度そういったアクティブな付き合いに好意的だったとのことですが、彼女も初めは自らアクセルを踏んでしまうからこそ、いつか息切れをして一人で立ち止まりたくなるのでしょう

彼女はただの冷めやすい人ではなく、熱しやすく冷めやすいのです。
その「熱してしまう部分」もこちらがしっかりコントロールすることで、彼女との交際関係を長期化することが叶うでしょう。

我々の分析を元にご相談者様と打ち合わせを重ね、彼女との連絡の取り方などをご指導させていただきました。
幸い今もメッセージを送れば返ってくる関係性にはいれていますので、工作員が何か働きかける必要はありませんでした。

連絡の頻度、その内容などをこちらのアドバイス通りにしていただき、その間も工作員は彼女と接点を持ち続け近況や元カレとの最近のやり取りへの思いを探ります。

最後は工作員のアシストにより二人が直接話す場を作り、その数週間後に目的を達することができました。

また、このケースでは新しい恋人はいませんでしたが、もし対象者に別の恋人が既にできてしまっていた場合は「別れさせ工作」を行いその男女関係を別れさせることから開始します。
兵庫県では非常に多くの別れさせ工作のご相談も寄せられておりますので、スムーズに復縁工作から別れさせ工作へと移行することも可能です。
宜しければ、神戸・兵庫での別れさせ工作のページもご覧ください。

※ 上記事例は、個人が特定できないよう部分的に改変しながら掲載しております。

タイトルとURLをコピーしました