埼玉県の復縁工作は高い成功率を誇るアイリッシュへ

埼玉県の復縁屋の評判

埼玉県での復縁工作

元恋人や元配偶者との復縁をお考えの埼玉県の皆様へ。

別れてしまった相手と復縁をしたいと思ったときに、それは決してご自身のお力のみでしか復縁方法がないわけではございません

我々のような復縁業者の工作員が相手の心理を探り、どういった振る舞いとアプローチをすれば復縁が可能になるのかを見極めてから共に復縁に向かうことで、より確実に復縁にたどり着くことができます

人口の多い埼玉県では復縁工作のご依頼も多く寄せられており、十人十色の経緯を辿ってそのご希望を叶えております。
別れてしまった原因は人それぞれで、破局時の相手への好意の分量も全く違います。

そのどこに復縁のカギがあるのかを見極めることが大切となり、それはある程度長期的に対象者と接触をし、交友関係を深めていかなくてはつかめないものです。
多くの人員を抱える埼玉県では一つ一つのご依頼への長期的な対応が可能となり、丁寧なヒアリングによって高い成功率を誇っています。

埼玉県内の地域別の工作の特徴

埼玉県ではほとんどの地域において恋愛問題のご相談が寄せられるため、あまり地域的な偏りはありませんが、強いて言うのならさいたま市内でのご相談数が多い傾向にあります。

県内から東京に通勤・通学されていらっしゃる方もたくさんいますので、東京都の工作員との合同工作になることもしばしばあります
アイリッシュでは東京都でも復縁工作を請け負っており、そのシェアの広さから多くのご依頼を受けております。
実績のある東京都の工作員を埼玉県で使用することもでき、常に最も成功率の高い方法をチョイスして工作に臨むことが可能です。

復縁工作では、対象者と工作員が友人関係を築く必要があります。
それは容姿よりも、本来持っている雰囲気・パーソナリティによる相性が大きく関わってきますので、一人でも多くの工作員の中から最適な人材を選べるかどうかが大切になって参ります。
その工作員の絶対数がそもそも少ない場合は、高い成功率を生み出すことは到底難しいでしょう。
東京・千葉・神奈川・宇都宮・高崎など近隣に多くの大都市がある埼玉では、そういった隣接エリアからの人員も候補の内に入れることができます。
当然質の高い工作が可能となるため、埼玉は良い結果を得られやすい環境と言えます。

別れさせ屋アイリッシュ

復縁工作を開始する時期はいつがいいのか

その人と別れてしまってからどれ程の期間が空いてからご相談をしていただくかはまちまちです。
数か月前に別れてしまった恋人のことが忘れられないというご相談もあれば、先週彼氏にフラれてしまったというご相談もお寄せいただきます。

復縁業者として一つアドバイスをするのならば、できるだけお早めに工作を開始されることをお勧めします。
工作による解決を図るのであれば、冷却期間を空けることはマイナス要素の方が多いです。
これが、工作ではなくご自身のお力で復縁を図るのであれば、初期は時間を空けて時間をかけてじっくりチャンスを窺うことをお勧めします。

相手の情報ができるだけ多いうちに、そして何より相手に新しい恋人ができる前に工作をすることが成功率をキープする最大の要素となります。
復縁における冷却期間の長さについてもご説明をしておりますので、宜しければご覧ください。

復縁屋アイリッシュではご依頼のしやすい状況を整えています

多くの復縁業者が存在する中で、その料金表の値段も非常に大きな幅があります。
業界唯一の適正価格を標榜するアイリッシュでは、通常プランの料金でも他社様とは大きな違いを生み出せており、その安さをご体感いただけるかと思います

しかし、それに加えてアイリッシュが用意しているのが「半額オプション」という契約方法です。
通常プランの半額ほどでご依頼ができ、その進展具合を見て後半も継続するかどうかをご依頼者様にお決めいただくことができます。

高額になりがちな復縁工作を少しでも多くの方にご利用しやすいよう、ギリギリまで費用負担を抑えてご提供をしております。

また、ご依頼にご不安の方へのケアとして、工作中のリアルタイムのご報告も行っております。
今どのような状況になっているのかをその場でお伝えすることができ、ご依頼者様とアイリッシュの二人三脚で工作をゴールまで進めていくことが可能です。

ご依頼におけるご負担とご不安を軽減することを信条としているアイリッシュに是非ともご相談ください。
復縁工作のご相談はその全てが無料となります。

埼玉県での復縁工作事例

さいたま市男性:自身の浮気が原因でフラれた彼女と復縁したい

今回は、ご自身の過ちを見事に挽回し復縁を果たした男性の事例をご紹介いたします。

さいたま市にお住まいの20代男性からお寄せいただいたご相談は、別れてしまった彼女と復縁をしたいというもの。
別れてしまった原因はご相談者様ご自身の浮気でした。
彼女という存在がいながら、同じ職場の女性と一時的な恋に落ちてしまい、それが彼女にバレて別れてしまったとのことです。

これは身から出た錆としか言えず、ご相談者様も反省の弁を述べておられました。
しかしどうにか彼女と復縁ができなかと、アイリッシュへご相談いただきました。

実は、同様のご相談は埼玉県内に限らず全国で寄せられております
浮気の経験のある方は意外と多く、それがバレずに済んでいる方もいますが、一部のバレてしまった方がその過ちを挽回するために復縁工作に頼るというケースは場所や年齢を問わずお寄せいただくことが多いです。

その多くの事例は、ご相談をいただいた時点では、対象者(元恋人)はご相談者様に対して嫌悪感を抱いているケースがほとんどです。
そのような難解な状況でどのように復縁に至るのか――。
アイリッシュのノウハウを、この案件のたどった軌跡をなぞりながらご紹介させていただきます。

復縁工作は、一番初めに山場が来ます

復縁工作の成功には、一にも二にも丁寧なヒアリングによる状況把握が肝心です。

実際にご契約に至る前に、現時点での状況を細部までお聞きさせていただきます。
それによって、特に本案件では、浮気が発覚したときの状況や彼女が今把握していることをつまびらかにします。
必ずしも、彼女が把握していること=事実、とは限りません。
もちろんご相談者様が浮気をしたというのは紛れもない事実のようですが、それが多少誇張して彼女に伝わっているのか等を把握し、今後工作員が接触をする際の参考とします。

また、浮気の発覚の際、それがどの程度ショッキングな形で彼女に伝わったのかも重要です。
たとえば浮気の現場に鉢合わせをしたのか、それともラインを少し見たのかによって、彼女に与える衝撃やご相談者様へ抱く嫌悪感の量は大きく変わります。

そして、浮気が発覚するまでのご相談者様と彼女の関係性もしっかりとチェックします。
不満に思っている点があったとするならば、浮気の発覚により、元々感じていた些細な不満な点がより不快に思えてしまうという心理現象が起きることがあります
それならば、そこを直すことも復縁には必要になって参ります。

そのように、多くの項目を一つ一つチェックしていき、今の状況を客観的に分析をすることから復縁工作は始まっています
復縁工作とは言わば、恋愛専門のクリニックです。
まずはどこに病巣があるのかを問診し、適切な治療方法を組み立てていくというイメージです。

本案件の場合は、彼女の年齢や性格、交際期間、そして浮気発覚直前までの連絡頻度や内容から、浮気が発覚しなければ彼女とご相談者様の関係は極めて良好であったと思われました。
彼女は一時的な恋愛に盛り上がってしまういわゆる「熱しやすく冷めやすい」と言われるような若い恋愛をするタイプではなく、しっかりと腰を落ち着けて相手と適切な距離感で恋愛ができるタイプのようです。

しかし、我々から見ても純朴そうな印象を受けるご相談者様が浮気をしていたことにショックを受け、結婚までも視野に入れていたからこそ、その裏切り行為に早いタイミングで見切りをつけてしまったのでしょう。
年齢的にもまだ結婚適齢期の入り口に差し掛かった彼女は、彼に対して強いこだわりを持つこともなかったと思われます。
それが別れの即断に繋がったと思いますが、それまでのしっかりとした相性の良さは事実のため、彼女の中の怒りを少しずつ溶かしていき、彼のいい面に視点を当てるよう徐々に誘導をしていくことが本案件を解決に導く突破口になると予感しました。

破局からすぐに動けるかで、行動調査の成果が大きく変わります

方針を打ち立てたところで、いよいよ復縁工作のご契約を結び、実際に人員が動いていきます。

まずは彼女に対して工作員が自然に接触ができるポイントを選定していくために、彼女の行動調査を数日間詰めて行って参ります

ここでの行動調査が当ての外れた無駄なものにならないよう、復縁工作をするのならできるだけ早く動いた方が良い、とアイリッシュはご説明をしております

分かりやすく極端な例を示しますが、別れてしまってから2週間後に動き始めた復縁工作と、1年後に動き始めた復縁工作では、ご相談者様がお持ちの対象者に関する情報の鮮度が全く違います

別れてしまった後でも、交際中と同じ頻度で連絡をして常に最新の詳しい情報を手に入れられる方は滅多にいません。
皆様もご自身に当てはめてお考えいただけましたら分かりやすいかと思いますが、既に別れた元恋人に、交際中と同じように「もうすぐ帰る」「いま〇〇にいる」などと教えるでしょうか。
つまりほぼ全ての方が、別れてしまってからでは対象者の正確な情報を仕入れることができなくなってしまいます
そうなると、対象者の行動内容をより具体的に把握するための行動調査が、まったく当ての外れた実働になってしまう可能性が高まります。

本案件では、別れてしまってから3週間後に動き始めることができたため、比較的新鮮な情報があるうちに調査をかけることができました
彼女の動向を事細かに分析し、最も工作員が自然に声をかけられるポイントを1つ選別しました。
そして、接触工作へと移行します。

接触工作における自然な誘導

工作員が彼女へ接触をする際は、今回の場合は二名の女性工作員を起用しました。
そのシチュエーションや対象者の性格により接触ポイントや人員の数や適性を考慮し、最適な状況を作り上げてそのときを迎えます。

別れさせ工作などの恋愛工作(異性の工作員が対象者と恋愛関係になるために接触をする)に比べれ、復縁工作のための友人工作(同性の工作員が友人関係になるために接触をする)は、比較的スムーズに目的を達することができます。
同性ならば警戒心を抱かれることもなく、しかもこちらか事前に対象者の性格や趣味などを把握しているため、それはさほど難しいことではありません

接触をして時間をかけて友人関係に入り込んだ後は、自然な流れで恋愛面での話を聞き出します。
彼女が気兼ねなく過去の恋愛を語れる雰囲気を作ると、この時点でもまだ1か月半ほどしか経ってないこともあるためか、彼女はご相談者様との出来事を打ち明けました。
比較的女性は立ち直りが早いと言いますが、それは実際に当てはまっており、ショックを引きずっているという印象は受けませんでしたがご相談者様へは怒りを抱いている様子でした。

ここから工作員が行うことは、ご相談者様に浮気をされる前の思い出に目を当てさせることです。
ご相談者様が反省をしていることは彼女にも伝わっているため、その相性の良さを衝くことが本案件の解決への糸口になり得ます。
未だに新しい恋愛を探す気になっていない彼女を見ると、決してそれは可能性の低いものではなく、むしろ彼女自身も未練を感じているとも見えました。

工作員も過去に恋人の浮気を許して復縁をした、という身の上話を適切なタイミングで切り出すことで、彼女に対して新たな選択肢をにじませます
また、彼女との接触や食事を繰り返し、徐々に彼への印象をいいものに変えていったタイミングで、偶然を装ってご相談者様と店舗内で鉢合わせをしていただきます。
彼女には事前に伝えず、あくまで偶然という設定にすることで容易に逃げられない状況にし、その場では工作員が直接間に入ることで話し合いをスムーズに運びます。
複数人の工作員が適度に間に入ることで円満な雰囲気での食事会にし、その後、ご相談者様には彼女との連絡内容などもご指導をさせていただき、また頻繁にやり取りをする仲間で復帰することができました。
そしてその後も女性工作員と彼女の友人関係を継続し、クリスマスという最大のタイミングが近づいてきた際に後押しを強め、無事目的を達することができました。

なお、今回はまだ彼女は新たな恋愛を探していませんでした。
そのつもりもなかったことが、ご相談者様への未練や復縁の可能性を示唆していたとも言えます。
しかしなかには、既に新しい男性に誘われてそれに乗ってしまったというケースもあります
その場合は、ご相談者様との復縁を実現するためには彼女と今の彼氏を別れさせることから開始します。
アイリッシュでは、全国で別れさせ工作も実施しております。
もし宜しければ、埼玉県の別れさせ工作への取り組みをご説明したページもご覧ください。

※ 上記事例は、個人が特定できないよう部分的に改変しながら掲載しております。

タイトルとURLをコピーしました